FC2ブログ

【映画レビュー】ギャングスターズ 明日へのタッチダウン(2006年:アメリカ)


監督  フィル・ジョアノー
脚本  ジェフ・マグワイア
出演  ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)
     イグジビット 他

<<<『ギャングスターズ 明日へのタッチダ』のあらすじ>>>

アメリカ合衆国のとある少年院。ここに収監されている少年ギャングたちは、出所後もその大半が再び犯罪に手を染めるか、抗争によって命を落とすかといった悲惨な更生状況であった。

保護観察官のショーン・ポーターはそんな現状を打開すべく、更生プログラムとして少年院内でアメリカンフットボールチームを結成する。当初チーム内は対立ばかりであったが、練習を通じて次第に結束力を高めることに成功する。

しかし、出場した高校リーグで大惨敗を喫してしまったメンバーは、フットボールへの熱意を失いかけるも、ショーンの呼びかけによって再び闘志を燃やすのであった。


引用元:Wikipedia|ギャングスターズ 明日へのタッチダウン

続きを読む

tag : アクション映画 青春映画 アメリカンフットボール 実話

2019-01-11 20:15 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】96時間/リベンジ(2102年:フランス)


監督  オリヴィエ・メガトン
脚本  リュック・ベンソン
    ロバート・マーク・ケイメン
出演  リーアム・ニーソン
    マギー・グレイス 他

<<<『96時間/リベンジ』のあらすじ>>>

イスタンブールで就いていた警護の仕事を終え、元妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)と娘のキム(マギー・グレイス)を同地に呼び寄せた元CIA工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)。バカンスを一緒に過ごし、家族の絆を取り戻そうとするブライアンだったが、かつてキムを誘拐して彼に息子や部下たちを殺された犯罪組織のボスによる復讐(ふくしゅう)計画が動き出していた。ブライアンとレノーアは組織にとらわれ、辛くも難を逃れたキムはイスタンブールの街をさまよい続ける。そしてブライアンは、妻と娘の命を守ろうとするが……。


引用元:Yahoo!映画|96時間/リベンジ

続きを読む

tag : アクション映画 サスペンス映画 リュック・ベンソン

2019-01-10 19:57 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今回はサービス動画ではありますが…





たまにはこういうのもよろしいかと…。

tag : 動画

2019-01-09 20:10 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】ザ・シークレット・サービス(1993年:アメリカ)


監督  ウォルフガング・ペーターゼン
脚本  ジェフ・マグワイヤー
出演  クリント・イーストウッド
    ジョン・マルコヴィッチ 他

<<<『ザ・シークレット・サービス』のあらすじ>>>

フランク・ホリガン(クリント・イーストウッド)は、かつてケネディ暗殺事件の時に護衛をしていたシークレット・サービスだった。現在は潜入捜査官となり、偽札の囮捜査をして過ごしていた。一方、元CIAのスゴ腕暗殺要員だったミッチ・リアリー(ジョン・マルコビッチ)は、CIAを解雇されてから社会復帰することができず、自分のことを使い捨てにした政府に復讐することだけを考え生きていた。

そしてついに、次の大統領選で再選を目指す現職大統領の暗殺計画を立てる。リアリーはケネディ護衛失敗を悔いるフランクに自分との共通点を見出し、身分を偽ってフランクに大統領暗殺予告の電話をかける。電話を受けたフランクは、電話の主が単なる脅迫でないことを感じとり、上司に大統領警護に付かせるよう申し出る。しかしリムジンと併走したりする護衛の任務は、今のフランクにはあまりにハードなものだった。

さらに同僚たちは彼の存在を煙たがり、味方してくれるのは女性護衛官のリリー(レネ・ルッソ)くらいしかいなかった。フランクは必死にリアリーの正体を探るが、なかなか彼に繋がる手がかりがつかめない。一方、リアリーからフランクへ頻繁に電話がかかってきて、フランクの行動はこと細かにリアリーに知られていた。そんな中、フランクは見えない敵であるリアリーを警戒するあまり、大統領の演説会で騒ぎを起こしてしまい…。


引用元:午後のロードショー|ザ・シークレット・サービス

続きを読む

tag : アクション映画 クリント・イーストウッド

2019-01-08 19:55 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】ピンポン(2002年:アスミック・エース)


監督  曽利文彦
脚本  宮藤官九郎
出演  窪塚洋介
    井浦新
    中村獅童 他

<<<『』のあらすじ>>>

卓球をこよなく愛し、勝つことに絶対的な自信を持ちながら天真爛漫で気分屋のペコと、“卓球は暇つぶし”と公言するクールなスマイル。二人は幼なじみで、小さい頃から近所にある卓球場、タムラに通っていた。高校生になった二人は共に片瀬高校卓球部に属していたものの練習にはまともに参加しない毎日を送っていた。そんな二人が対戦すると必ずペコが優位に立つ。しかし、日本卓球界の星と期待された過去を持つ卓球部顧問・小泉はスマイルの才能に目を付け、執拗に指導しようとする。しかし、クールが信条のスマイルはそんな小泉の熱血指導を拒絶するのだったが……。


引用元:Yahoo!映画|ピンポン

続きを読む

tag : 青春映画 中村獅童 窪塚洋介 宮藤官九郎

2019-01-07 19:46 : 映画レビュー : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

かんた

Author:かんた
軽度の発達障害。
それに伴い中度の社会不安障害を誘発した模様。

タグランキング 50

メール

gadget10.png

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR