FC2ブログ

【映画レビュー】バリー・シール/アメリカをはめた男(2017年:アメリカ)


監督  ダグ・リーマン
脚本  ゲイリー・スピネッリ
出演  トム・クルーズ
    ドーナル・グリーソン 他

<<<『』のあらすじ>>>

敏腕パイロットとして民間航空会社に勤務するバリー・シールのもとに、ある日CIAのエージェントがやってくる。CIAのスカウトを受けたバリーは、偵察機のパイロットとしてCIAの極秘作戦に参加。作戦の過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、バリーは麻薬の運び屋としても天才的な才能を開花させる。エージェントとしてホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをする破天荒な動きをするバリー。そんな彼にとんでもない危険が迫っていた……。


引用元:映画.com|バリー・シール アメリカをはめた男

※)ちょいネタバレ

邦題が邦題なだけにこの物語の主人公は、アメリカを敵に回すほどの大物かと思われがち。
ところがどっこい、主人公のバリー・シールは単なる運び屋でした。
もちろんそれだけでは映画にならず、その扱う物品は麻薬と拳銃という、密輸の2大危険物。
おまけに活躍の舞台もアメリカからコロンビアと、北中米をまたにかけています。
物語は終始、バリーの一人称で語られます。
それだけにバリーの行動にスポットが当てられますが、大きな目線で見れば、都合のいい運び屋で、結局関わったすべての組織から使い捨てにされちゃったという、悲しい運命をたどってしまったようです。
テンポもよく、見ている側を飽きさせない工夫が凝らされて入るのですが、終わってみれば、最後の最後にいい思いをしたのは、主人公バリーを口車に乗せて運び屋にさせたCIAだったというのが、なんだか後味の悪い終わり方です。

ちなみにこの映画ではトム・クルーズの顔面のドアップのアングルが印象的ですが、2017年のトムはやはり老けてきたなというのが率直な感想です。
以前ネットで『トップガン』出演者の昔と今を対比させた画像がアップされたときがありました。
そのとき、当時から全然変わらないトム・クルーズだったのに対し、相手役のケリー・マクギリスがすっかりオバさんになっていたのが話題になりました。
もちろんトムも老けたといっても、そのスピードは超緩やか。
やはり企業努力だけは惜しんでいないようです。

tag : 実話 トム・クルーズ

2019-07-13 19:41 : 映画レビュー : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年:フランス・ドイツ)


監督  スティーヴン・クエイル
脚本  リュック・ベンソン
    リチャード・ウェンク
出演  サリバン・ステイプルトン
    シルヴィア・フークス 他

<<<『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』のあらすじ>>>

1995年、紛争末期のサラエボ。強引かつ大胆な戦略で敵の将軍を拉致、敵に囲まれたら戦車で大暴走とやりたい放題のマット率いる5人のネイビーシールズ。上官のレヴィン少将も手を焼く毎日。そんな中、メンバーの一人が恋に落ちたウェイトレスから聞いた、湖に沈んだナチスの金塊・総額3億ドルの話。それさえあれば、戦争に苦しむ避難民を救うことが出来ると懇願され、5人も作戦を立てることに。

タイムリミットはわずか8時間。敵陣真っただ中にある湖の水深45mの湖底から、重さ27トンの金塊をどう運び出すのか? 彼らのとんでもない奇策とは!? 史上最強のアウトサイダーたちが挑む、前代未聞の奪還作戦、遂に始動!!


引用元:『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』公式サイト

70年代のサム・ペキンパー、80年代のウォルター・ヒル、そして90年代以降のリュック・ベンソン。
皆その世代を代表するアクション映画監督です。
ペキンパーは血なまぐささ、ウォルター・ヒルは男の友情、そしてベンソンはどこか知的、そんなところでしょうか。
この映画も、アクション映画でありながらベンソンらしいといいますか、登場する主人公たちが目的を達成するために緻密に計算を練り上げます。

映画のタイトルには「ナチス」がついていますから、てっきり第2次大戦中のお話かと思われがちですが、舞台は1995年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争が舞台です。
あの地域の紛争はユーゴ紛争でもわかるように、近年まれに見る悲惨な状況だったとか。
あの紛争で非業の死を遂げた恋人同
「サラエボのロミオとジュリエット」の逸話は、知る人ぞ知る逸話です。
そんな悲惨な状況の中で、物語がスタイリッシュに進んでいくのも、どう評してよいのか迷うところ。
見る人によっては、あの紛争を娯楽扱いしてほしくないという人もいるかもしれません。
その一方で、そういった裏状況を度外視しても十分に楽しめる映画だけに、なかなか見る側によっては複雑な映画かもしれません。
ただ、ああいう深刻だった紛争をリュック・ベンソンの世界観に染め上げてしまうあたりは、さすがといえばさすがです。
最後にはちょっとした「救い」の場面もあったりして、少しほっとしてしまうのもこれまた事実であります。

tag : アクション映画 リュック・ベンソン

2019-07-08 19:55 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】ハンコック(2008年:アメリカ)



監督  ピーター・バーグ
脚本  ヴィンス・ギリガン
    ヴィンセント・ノー
出演  ウィル・スミス
    シャーリーズ・セロン
    ジェイソン・ベイトマン 他

<<<『ハンコック』のあらすじ>>>

強大な力を持つヒーロー、ハンコック(ウィル・スミス)だが、酒好きでキレやすく市民には歓迎されていない。ある日、事故を防ぐために電車をエルボーで止めたハンコック。このときに助けられたPRマンのレイ(ジェイソン・ベイツマン)は、嫌われ者のハンコックに真のヒーローになってもらうべくさまざまな戦略を練るが……。


引用元:Yahoo!映画|ハンコック

"スーパーマンは常に聖人君子とは限らない"
我ながら名言だとは思うのですが、この映画はそれを見事に物語っているような作品であります。
ウィル・スミス演じるハンコックは、文字通り「スーパーマン」の黒人版みたいなキャラクター。
ところがその彼、目的を達成するためには手段を択ばないという、トンデモナイ人物だった。
おまけにアル中まがいとくれば、厄介も度が過ぎています。
そんな彼だから人々から嫌われて、しまいにはクズ呼ばわりされて…。
なんだか鉄拳の「こんなスーパーマンはイヤだ」というネタになりそうなキャラクター。
それだけに、本当にみんなから嫌われるスーパーマンがいたら、という何ともユニークな設定がこの映画の最大の魅力かもしれません。
ただこのスーパーマン、その出生がいまひとつよくわかりません。
とりあえず不死身であるがゆえに古代から長生きしているようなのですが、もともとの生まれ故郷がクリプトン星なのかそれとももともとの地球に住んでいた古代人なのかはっきりしません。
これはもしかしたらシリーズ化を予感させるような内容でしたが、制作されてから10以上たった今、いまだに続編がつくられていません。
スパイダーマン』に代表されるように、こういう人間臭いスーパーヒーローというのは、シリーズ化されたほうがよりキャラクターに深みが出ると思うのですが、どうでしょう。
むしろ、本家本元の『スーパーマン』のような完全無欠だと、シリーズ1作で限界が来てしまいそうです。

ところで、アーロン役のジェイソン・べイトマンの吹き替えを聞いたところ、なんだか変な違和感がありました。
あとで調べたところ、なんてことはない、彼の担当はEXILEMAKIDAIだった模様。
彼のことは嫌いではないのですが、ここでははっきりと、本業との差が出たようです。

tag : アクション映画 SF ウィル・スミス

2019-07-07 19:53 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

音楽業界が何だか変だった時代

先日の№314の記事で、ポテチG#さんのコメントに返信したあとに、15年ほど前のとあるネット掲示板でのやり取りのことを思い出してしまいました。
ちょうどそのころのネットの掲示板というのは、本当の意味での情報交換の場所で、まだ「ネチケット」なる言葉が、辛うじて存在していたころでした。
その掲示板のスレッドというのは、音楽専門のスレッドで、そこで私は思わず失言をしてしまいました。
それは、当時流行っていたビジュアル系バンドのボーカリストに対して「あまり歌が上手くない」と、思わず本音を書きこんでしまったのです。
ようするに、そのビジュアル系のボーカリストの歌は「ヘタクソだ」ということです。
そのときの私のコメントは、ファンの方からの反感を買ってしまいました。
そのビジュアル系バンドのファンの方から、「彼は決してヘタクソではない」と、お叱りの言葉を受けたのです。
さらに、そのお叱りのコメントを返してきた方へのフォローも1人・2人と増えていき、「あなたのいう通り、○○さんは、決してヘタクソではありませんよ」と、その当時ですので言葉は優しめですが、私への厳しい反論が次々と書き込まれてきたのです。
今でこそ(あまりいいことではありませんが)、ネットでの誹謗中傷は当たり前の時代です。
しかし当時は、ネットの掲示板というのは、あくまでの情報交換の場であって、今日のように、たとえそれが本音であっても、そのファンが気にしているような欠点を言うべきではなかったのです。
その一方で、その当時の私に寄せられたコメントを読んで、別の意味で驚かされました。
そのビジュアル系バンドのファンの方々というのは、てっきり「歌がヘタクソである」ということを承知したうえで、彼らのファンになっているものだとばかりだと思っていたからです。
それを「ヘタクソではない(これも微妙な言い回し)」とはどういうこと?

好きか嫌いかでの判断は、それは好みの問題なので個人の自由です。
たとえ、その人の歌がヘタクソでも「好きなんだから仕方がない」でも構わないのです。
ジャニヲタとかアイドルオタクたちというのは、そういう聞き方をしています。
ところが、明らかに下手くそなものを「ウマい!」と感じてしまうことは、これはもう好み以前に、感性が狂ってるとしか言いようがありません。
さらに厄介なのは、そのやっている本人たちが、「俺って歌が上手いだろ」と変に勘違いしていることです。
この勘違いは、当時流行っていたビジュアル系ロックバンドすべてに言えることでした。
つまり演奏側も聞き手側も、ちょっと感性がおかしくなってしまっていた、ということになってきます。
このように、演奏している側も聞く側も感性が狂ってくると、そこから生み出される音楽は変な音楽しか生み出されませんし、変な音楽しか流行りません。
それゆえに、ビジュアル系ロックバンドが流行っていた時代というのは、私には本当に狂った時代だった、と言わざるを得ないのです。
そんな時代に突如、彗星のごとく現れてきたのが、宇多田ヒカルです。
今までそういった変な音楽ばかり聞かされてきたもんだから、突然、本格的かつまともな音楽を奏でる彼女が現れれば、当時のファンは一斉に彼女に飛びつくのは当然です。
ちなみに、2000年代あたりからK-POPが日本で流行したのも、それが原因ではないかと思うこともしばしばです。
今まで変な音楽ばかり聞かさされていたなか、突然、K-POPという本格的なエンターティナーが現れたら、日本の女の子たちは彼らに飛びつくのは当たり前なのではないでしょうか。



ところで、1980年代の日本の音楽シーンは、アイドルが全盛期と言われています。
なかでも凄かったのは、秋元康プロデュースのおニャン子クラブです。
彼女たちの、ほとんど素人丸出しの歌唱がファンの心をつかむ一方、その素人丸出しの歌唱に呆れかえる関係者も少なくありませんでした。
なかでも、『冬のオペラグラス』を歌ったときの新田恵利は、立見里歌と並ぶほどの素人丸出しの音程の外し方で、それに呆れかえった和田アキ子などは、彼女の歌を聞いて「家のテレビが壊れたのかと思った」と痛烈な皮肉を浴びせています。
そんな新田さんが今から10年程前に、バラエティ番組か何かに出演されたとき、そのパーソナリティの方から、「もう歌は歌わないのですか?」と質問を受けた時がありました。
新田さんはその質問に対して、こう答えられました。
「私の歌唱力では、歌なんて無理です」
それを聞いたときに、私はなんだか安心しました。
「なんだ、ちゃんとわかっておられたんだ」と。
おかしいことを「おかしい」と感じられることは、まともな感性です。
おかしいことを「おかしくない」と感じてしまうことの方が、かえって危ないのです。
80年代半ばは、おニャン子を中心とした素人型アイドルが全盛期でした。
それはまさに日本の音楽業界の狂った時代、つまり、素人同然のアイドルがプロの歌手よりも人気が出るという、異常な時代だと思っていました。
しかし、それは間違いでした。
おニャン子クラブのメンバーたちも、それを支えていたファンたちも、おかしいこと(歌が下手なこと)を承知したうえで、お互いを支え合っていたのです。
ところが、先のほどビジュアル系とファンの関係は違います。
お互いがお互い、まったくおかしい(歌が下手なこと)に気づかないまま、お互いを支えっているのです。
その光景は、傍から見れば異質であり、異常な時代です。
そんな異質な世界観が、今なおも日本の音楽業界を支えているように思えてならないのです。

そういえば、かつてはクール・ジャパンや日本のアニメの海外進出の影響で、日本のビジュアル系ロック・バンドが、海外でも評価を受けていたらしいです。
たしか、あるテレビ番組で外国人女性に「普段はどんな音楽を聞いているか?」とインタビューしたところ、「今はもう、日本のビジュアル系しか聞いてないわ」という答えが返ってきたほどです。
ところが、そんなビジュアル系は、海外ではどうなったか?
ビルボードのヒットチャートに顔を出すどころか、同じ東アジア圏のK-POPに、あっさりと先を越されてしまいました。
なんだかんだ言いながらも、海外の方の方が本質を見抜く目を持っていた、ということであります。


I Surrender/RAINBOW

tag : K-POP おニャン子クラブ

2019-07-04 20:09 : 雑記 : コメント : 3 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】ナミヤ雑貨店の奇蹟(平成29年:「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会)


原作  東野圭吾
監督  廣木隆一
脚本  斉藤ひろし
出演  山田涼介Hey! Say! JUMP
    西田敏行 他

<<<『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のあらすじ>>>

2012年、古くからの友人たちと悪事をした敦也(山田涼介)は、かつて悩み相談を請け負っていた「ナミヤ雑貨店」に身を隠す。敦也は廃業しているはずの店の郵便受けからした音に気付き調べてみると、32年前に書かれた悩み相談の手紙があり、さらに郵便受けは1980年につながっていた。三人は困惑しつつも店主に代わり返事を書くと、また手紙が投函され……。


引用元:Yahoo!映画|ナミヤ雑貨店の奇蹟

今回は珍しく、レンタルしたDVDではなく、テレビ放映されたもののレビューであります。
とりあえずこちらのレンタルの方は、あまりの人気作ゆえに、いまだに貸し出し中です。



ところで、こちらの原作を読んだのは、いまから2年ほど前でした。
映画の方はタイミングがずれてしまい映画館で見ることはできなかったのですが、小説の方はいたく感動してしまい、この2年間で3~4回ほど読み返すほどでした。
ところが、それがいけなかった。
そうやって読み返していくうちに、この物語の世界観が私の脳内にすっかり出来上がってしまい、映像で描かれていた世界観とのあいだに、微妙なズレが生じていたのです。
もちろん、小説を映像化してしまうと、どうしてもそうなってしまうものではありますが、ただ、やはり主人公3人と、彼らを取り巻く登場人物の手紙とのあいだのやり取りは、小説の方が映画より、より密度が濃く描かれていたので、映画でのあのやり取りを見た際には、なんだか拍子抜けしてしまいました。
もちろん、あの密度の濃い手紙のやり取りを、映像ではどう表現するのだろうといった疑問が湧いたのも事実ですが。
さらに成海璃子の人物設定も、あれは絶対小説では、読者の想像力を膨らませる設定だったはずなのに、それを登場させてはまずいでしょう、とも思ったりも。
とりあえず彼女と西田敏行の関係は、小説のほうが、より突っ込んだ描き方がされていたので、こちらを先に読んでから見たほうが、より成海璃子への感情移入ができたかもしれません。
とまあいろいろ書きましたが、この作品に限っては、映画よりも小説のほうが断然面白かったです。
それというのも、私自身が小説の世界にどっぷりと入り込んでしまったがために、映像作品の方が失敗作に見えてしまったのかもしれません。
せっかく楽しみにしていたのに、ちょっと残念です。

ちなみに小説の方の感想ですが、これを読み終えたあと、あまりに感動したので、翌日もその余韻が残ってしまったほどです。
アマデウス』や『ダイ・ハード』など、映画ではそういったことがあったりするのですが、小説ではこれが初めてでした。
それだけに、映画の期待も大きかったのですが…。
いえ、期待が大きかったどころか、この勢いにまかせてハリウッドでも映画化すれば、本場のアカデミー賞も狙えるんじゃないか、と思ったほどです。
そのときの主演はロバート・デ・ニーロモーガン・フリーマンか、はたまた日本映画のリメイクには欠かせないリチャード・ギアか、などと、そんな妄想まで膨らませた次第です。

tag : 人間ドラマ ファンタジー 山田涼介 Hey! Say! JUMP ジャニーズ 西田敏行 東野圭吾

2019-06-30 20:35 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

かんた

Author:かんた
軽度の発達障害。
それに伴い中度の社会不安障害を誘発した模様。

検索フォーム

タグランキング 50

メール

gadget10.png

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR