FC2ブログ

【映画レビュー】セントラル・インテリジェンス(2016年:アメリカ)


監督  ローソン・マーシャル・サーバー
脚本  デヴィッド・スタッセン
    ローソン・マーシャル・サーバー
出演  ドウェイン・ジョンソンザ・ロック
    ケヴィン・ハート 他

<<<『セントラル・インテリジェンス』のあらすじ>>>

高校時代は人気者だったが今はさえない中年会計士のカルヴィン(ケヴィン・ハート)に、当時いじめられっ子だったボブ(ドウェイン・ジョンソン)から20年ぶりに連絡が入る。しぶしぶ会ってみると、気弱なデブだったボブは筋骨隆々とした肉体の持ち主になっていた。しかもボブはCIAエージェントで、濡れ衣を着せられ組織から追われているという。そしてなぜかカルヴィンは彼に手を貸すことになり……。


引用元:Yahoo!映画|セントラル・インテリジェンス

タイトルが日本の配給会社がつけたっぽいですが、原題もまったくそのままだったのでちょっと驚きました。
主演はザ・ロックことプロレスラーのドウェイン・ジョンソンと、『リベンジ・マッチ』プロモーター役を演じたコメディアン、ケヴィン・ハートのW主演。
アクション映画であると同時にコメディ映画でもあるので、この2人の掛け合いが絶妙です。
ちなみにこの2人の役どころは高校の同級生ということですが、ドウェイン・ジョンソンが1972年生まれ、ケヴィン・ハートが1979年で、実年齢ではドウェインのほうが7歳年上です。
2人が高校を卒業したのが1996年という設定ですから、実年齢からするとドウェインがケヴィンに合わせた形になるのでしょうか。

それでいて作品中の2人の共通の思い出の映画はモーリー・リングヴォルトの『すてきな片思い』。
1984年制作の映画ですから、彼らが6歳のころの映画ということになりますね。
ドウェイン演じるボブ(ロビー)は、作品中は謎の男のような人物設定になっていますが、大ドンデン返しがあるわけでもなく、終始コメディ映画の王道を走っている作品でありました。
ただ、最後にもうひとりの主人公カルヴィン(ケヴィン・ハート)が真犯人と対決するシーンは、高校時代からの友情がひしひしと伝わるところがあり、ほんの少しだけ感動的でした。
この映画は、アクション映画でありながら青春映画としての要素も詰まっております。



ちなみにではありますが、今回のレビューは今までのレビューに比べて非常に短いですが、おススメ度はかなり高いです。

スポンサーサイト

tag : アクション映画 コメディ映画 ドウェイン・ジョンソン

2019-05-25 20:12 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

かんた

Author:かんた
軽度の発達障害。
それに伴い中度の社会不安障害を誘発した模様。

検索フォーム

タグランキング 50

メール

gadget10.png

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR