ワケありオヤジの独り言

   解禁? サッカー日本代表談

  • カテゴリー+タグ:日記 サッカー サッカー日本代表 サッカーW杯
  • サッカーワールドカップも、いよいよ準決勝と決勝戦を残すのみとなりました。
    さて、今回の大会は何と言っても日本代表がいい意味で期待を裏切る大活躍を見せてくれました。
    本来であれば、ここでもその話題をとりあげたかったのですが、そうしなかったのは、単なるゲン担ぎでしょうか。
    私がここで取り上げたら、日本代表がさっさと負けてしまいそうな気がしてあえて取り上げませんでした。

    ところで、私が初めてワールドカップを見たのは、1982年のスペイン大会でした。
    当時はジーコも現役のバリバリで、その大会が初登場だったマラドーナが、1次リーグで相手選手に飛び蹴りして一発退場してしまいました。
    その大会以降、私のニワカ人生の始まりです。
    ニワカということは、もちろんくわしいことはわかりません。
    しかし、トヨタカップやワールドカップの日本代表戦以外の試合をテレビで放映されていたりすると、ついつい見てしまいます。
    以前記事にした、アメフトもそうですね。
    ちなみに日本代表戦ですが、これはまあ、思わずハラハラドキドキでになってしまって、見ちゃいられないというのが本音でしょうか。
    そんな私ですから、サッカーにしろ高校野球にしろ、地元のチームが負けちゃうと、とことんガッカリです。
    本来、私のような人間は、地元チームに熱を上げるより、お風呂上りにR-1でも飲みながら、ゆっくりとフランス対ウルグアイ戦などを見ている方が性に合っているのかもしれません。

    かなり前置きが長くなってしまいましたが、今回の日本代表の結果については、ネット上ではいろいろ言われているみたいですね。
    「10人のチーム相手にまぐれで1勝しただけじゃないか」
    と揶揄する人もいるとか。
    確かに言われてみれば、今回の成績は1勝1分け2敗と、実は負け越してはいるのですが、今回の日本代表の試合は、どれも記録よりも記憶に残る試合ばかりだったと思います(悪い意味も含めて)。
    おそらく、これほどまでに私たちに強烈な印象を残した日本代表は、今まで存在しなかったのではないでしょうか。
    そう考えると、日本代表もここまでやれるようになったのかと、何だか感心してしまいます。
    何しろ、初出場した20年前は1勝もできず、結果が出せずに終わってしまったのですから。
    西野監督は、「4年後はベスト8もいける」とおっしゃっていたそうですが、その時は、記録にも記憶にも残る大会にしてほしいと願ってやみません。


    ↓とりあえず貼っておきます。例の個所は3分33秒から。



    ↓とりあえずこちらも。何の曲かって? 聞けばわかります。
    スポンサーサイト

    >>コメント(0)

    コメント










    管理者にだけ表示を許可する