FC2ブログ

私が体験したインチキ疑惑霊能者(長文)



前回、かなり反感を買いそうなキリスト教体験談を投稿させていただきましたが、今回もまた、そういった宗教体験のお話です。
と言いましても、今回登場する宗教団体はキリスト教や○○学会のような既存の宗教ではなく、当時出来立てのホヤホヤの新興宗教で、それも今となってはそれが「インチキだったのでは」と思うほどです。
なぜそう思えたのか。
それは前回の投稿で、「キリスト教体験のあと、ちょっとオカルトの入った宗教本を購入して色々と調べてみた」ということを最後の方で述べさせていただきましたが、それこそが、その宗教のインチキ疑惑の発端だったわけです。



さて、以前の投稿で、私が引きこもりのカウンセリングを受けるために、とある霊能者に診てもらったという記事を書かせていただきましたが、それは私がそのプロテスタント教会を離れてから1年後ぐらいだったと思います。
その霊能者の方は新興宗教を立ち上げられていて、それを夫婦で営んでおられました。
実際に霊能力を持っておられて神様と交信ができると自負されていたのは奥さんの方で、旦那さんはそのサポートのようでした。
新興宗教の宗派は神道で、発足して真新しく、事務所も祭壇が飾ってある本堂も自宅を改装しての場所でした。
私がそのカウンセリング、もしくは除霊を受けるにあたって、自宅を改装した事務所の方でちょっとした面接があったのですが、そこで私は「ちょっとエエかっこしてやろう」と思い、それまで購入していたオカルト本の知識をひけらかしたんです。
「それって、実はこうこうこう言うことなんですよね」とか「神様の存在は量子力学でも確認されているんですよね」とか。
するとそれを聞いたその夫妻は、「君ってすごいね」「よく勉強しているね」といった具合に、私の知識に脱帽した様子でした。
「また日を改めて、ここにいらっしゃい」といってその日は帰りました。
その夫妻にあまりに感心されたので、私は意気揚々と帰路に就きました。
「もしかしたら俺はそこの幹部にさせてくれるんじゃないか」とか「俺もあそこにいたら霊能力が開花するんじゃないか」とか、訳の分からない妄想を膨らませながらの帰宅でした。

1週間後、再びそこを訪れたのですが、今度は本堂のようなところに通されました。
「いよいよ来たか」
私は期待を胸に膨らませながら、部屋を改装した本堂の中に入りました。
部屋には仏壇のような神棚が飾って合って、いかにも神道といった感じでした。
しかし、私が驚かされたのは、その部屋の本棚にはオカルト関連の宗教本がびっしりと詰まっていたことです。
その数は100冊・200冊は優に超えていたと思います。
「うわぁ、すげえ」
とその本棚を眺めていると、
「何冊か持って帰るか? 貸してあげるよ」
といわれました。
もちろん、持って帰ることは無かったですが、私はその場で、1~2冊を手に取ってパラパラとめくったりはしました。
その様子を眺める夫妻。
それからしばらくしてカウンセリングがスタートしたのですが、これが今までとは打って変わって、とても恐ろしいものとなりました。
その夫妻は私を「霊視」した結果をもとにカウンセリングしたのですが、それがもう厳しい言葉の連続です。
そのときは「人間のクズ」だとは言われませんでしたが、それに近いことを言われました。
「だからお前はダメなんだ」「今までの出来事のすべてはお前が原因、全部お前が悪い」とか、もう言われ放題でした。
それはもはや人格否定に等しいです。
要するに彼らに言わせると、引きこもりというのは、単なる「怠け病」にしか過ぎなかったわけです。
それだけに彼らは、もう最初っから霊視で私の根性を叩き直すことしか頭になかったみたいです。
ちなみにあとから聞いた話なのですが、その霊能者夫妻は、のちに彼らの師匠と呼ばれる人から、こっぴどく叱られたらしいです。
結局私は、その日、小一時間ぐらいこってり絞られて帰路についてわけです。
それも相当に落ち込みながら。

実はそのカウンセリングで、私は夫妻からちょっと不思議なことを言われました。
「もう宗教のことは忘れろ」
ということです。
つまりどういうことかというと、「お前が探し求めている答えはそこにはない。実生活の中にある」でした。
たしかに言わんとしていることはわかりますし、その当時は、ちょっとその系統の本を買って何かそちらの方に答えを求めていた感も否めません。
ところが、夫妻がそのアドバイスをするに至ったのは、私を霊視した結果によるものでした。
「お前はそうやって現実から逃れるために、十数年ものあいだ宗教本を読み漁って…」
ん? 十数年?
たしかにその時期は、オカルト系の宗教本をよく読んでいましたが、十数年ではない。
どうもその夫妻が私を霊視した結果、私の部屋の中には、宗教本の類がびっしりと詰まっていて、それを読み漁って、答えを求めようとしていた。
ということらしいです。
いったい何で、そんな見当違いな霊視ができるのか?
実は思い当たるフシがありました。
そうです、カウンセリングの前の面談で、私がその夫妻をも舌を巻くほどの知識をひけらかしたものだから、彼らはそれを聞いて、そういう判断を下したのかもしれません。
もしそうだとしたら、これはもう霊能力でも何でもないインチキということになります。
本当ならそのことを指摘したいところだったのですが、その当時は、怖くてできませんでした。
あんなインチキまがいな霊能力で私を霊視して(したつもりになって)、人格まで否定されて、しまいには「人間のクズ」とまで言われたのかと思うと、今にして思えばとても腹立たしく思えます。

しかしその一方で、「この人たちがインチキまがいでよかった」と思うこともあります。
実は当時、たしかに私はそういったオカルト系の宗教本を読むには読んでいましたが、その霊能者が霊視したような、本棚にはびっしりとか、十数年間読み漁っていたという状態ではありませんでした。
むしろ私の部屋には、そういったオカルト系の宗教本よりも多く所有していたのは、押入れの中にびっしりと隠し持っていたアダルトビデオの方です。
彼らの霊能力が本物で、そちらの方を霊視されていたら、果たしてどうなっていたことか。
「私の部屋には、そんな多くのオカルト本はありませんよ」
「それじゃあ、アダルトビデオの方か」
なんて指摘されたら、私は恥ずかしさのあまり、帰路の途中で線路に飛び込んでいます。
いや、そうなった場合、押入れの中のアダルトビデオはどうなるのかちょっと心配ですが。
しかし、まさかとは思いますが、本当は彼らはそのことが霊視で見えていて、あえてそのことには触れなかったのか。
ときどきどんなことも考えたりはするのですが、今となっては確認する事も出来ず、真実は永遠の謎のままになってしまいました。


曲名:サイキック・マジック/G.I.オレンジ
スポンサーサイト

tag : 長文 スピリチュアル 宗教

2018-11-09 19:46 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

かんた

Author:かんた
軽度の発達障害。
それに伴い中度の社会不安障害を誘発した模様。

タグランキング 50

メール

gadget10.png

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR