FC2ブログ

【映画レビュー】ベイビー・ドライバー(2017年:アメリカ/イギリス)


監督・脚本  エドガー・ライト
出演     アンセル・エルゴート
       ケヴィン・スペイシー

<<『ベイビー・ドライバー』のあらすじ>>

幼い時の事故の後遺症によって耳鳴りに悩まされながら、完璧なプレイリストをセットしたiPodで音楽を聴くことで驚異のドライビングテクニックを発揮するベイビー(アンセル・エルゴート)。その腕を買われて犯罪組織の逃がし屋として活躍するが、デボラ(リリー・ジェームズ)という女性と恋に落ちる。それを機に裏社会の仕事から手を引こうと考えるが、ベイビーを手放したくない組織のボス(ケヴィン・スペイシー)は、デボラを脅しの材料にして強盗に協力するように迫る。


引用元:Yahoo!映画|ベイビー・ドライバー


※ちょいネタバレ

タイトルからして、ベビー・シッターもののコメディかと思ってしまいそうですが、なんのなんの、これは痛快なアクション映画であります。
『ベイビー・ドライバー』のベイビーは、どうやら主人公のベビーフェイスからきているようで、その童顔に似合わずドライビングテクニックはピカイチ。
同じようにゲッタウェイドライバーを主人公にした映画といえば、ウォルター・ヒル監督の『ザ・ドライバー』がありましたが、こちらは終始、主演のライアン・オニールを中心としたハードボイルド路線の映画でした。
ところがこちらの映画は、若くて初々しい主人公ですから、犯罪組織に手を染めてしまったことへのジレンマにも悩まされます。
ハードボイルドでありながらもスタイリッシュな会話が飛び交い、さらに主人公の葛藤と、ひとつの映画に色々な要素が詰め込まれています。
さらに、主人公目線で物語が進められているからでしょうか、彼の耳から聞こえてくるゴキゲンな音楽が終始BGMとして流れていて、それがまた見る者の気分を高揚させてくれるようでした。
以前のレビュー(『ボーイ・ソプラノ』)でも書きましたが、やっぱり音楽が物語に重要な役割を担う映画って、今のところ、私が見た範囲では外しがゼロです。

ところで、結論を言ってしまうとこの映画、バッドエンドではありません[・・・・・・・・・・・・・]
しかし、物語の終盤で主人公の恋人が絡みだしてから、『俺たちに明日はない』を思わすような展開が待っていました。
「まさかこの映画も、あんな悲惨なラストを迎えるのか」
と思われましたが、そうはならなかったのでひと安心。
アクション映画でありながら、見終わったあと、ホッと胸をなでおろすような映画でありました。

スポンサーサイト

tag : アクション映画 エドガー・ライト

2018-11-08 20:12 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

かんた

Author:かんた
軽度の発達障害。
それに伴い中度の社会不安障害を誘発した模様。

タグランキング 50

メール

gadget10.png

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR