FC2ブログ

『タモリ倶楽部』空耳アワー発祥の地



タモリ倶楽部』の名物コーナー、「空耳アワー」が存続の危機にあるそうです。

番組ADを震撼させたニュースとして、東京・神保町のレンタルCDショップ「ジャニス」が11月末で閉店されることが明かされた。

「ジャニス」はディープな品ぞろえで知られ、「空耳アワー」に送られてくるネタの音源チェックのため、コーナー開始直後から25年以上にわたって、毎回80~100枚のCDを借りていたという。


引用元:Rakuten News|「空耳アワー」が存続の危機? 『タモリ倶楽部』の番組ADが土下座も…


ADさんが土下座までして存続を懇願したというのですから、相当なものだったんでしょうね。
それにしても、その音源のネタ元が街角のレンタルショップだったというのが、ちょっと驚きです。

続きを読む

スポンサーサイト

tag : テレビ 空耳 タモリ

2018-11-21 19:45 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】素晴らしきかな、人生(2016年:アメリカ)


監督  デヴィッド・フランケル
脚本  アラン・ローブ
出演  ウィル・スミス
    エドワード・ノートン 他

<<<『素晴らしきかな、人生』のあらすじ>>>

ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。しかし彼は最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気なし。会社も危ない。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もそんなハワードと会社を心配していた。そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン他)が突然現れた。不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる3人。しかし、その出会いによってハワードに徐々に変化が。


引用元:Filmarks|素晴らしきかな、人生


※)ネタバレ注意

続きを読む

2018-11-20 19:43 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】ザ・ギフト(2015年:アメリカ)


監督&脚本  ジョエル・エドガートン
出演     ジェイソン・ベイトマン
       レベッカ・ホール
       ジョエル・エドガートン 他

<<<『ザ・ギフト』のあらすじ>>>

転居先で幸せな生活を送っている夫婦サイモン(ジェイソン・ベイトマン)とロビン(レベッカ・ホール)の前に、サイモンの高校時代の同級生だというゴード(ジョエル・エドガートン)が現れる。再会を祝いゴードは1本のワインをプレゼントし、その後もたびたび二人を訪ねては贈り物をし続ける。次第にその内容がエスカレートしていき、二人が違和感を抱くようになると、周囲で異変が生じ……。


引用元:Yahoo!映画|ザ・ギフト


※)ネタバレ注意

続きを読む

tag : ホラー映画

2018-11-19 19:59 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

日本人よ、これがモンゴリアン・ロックだ!

モンゴルのThe HU(ザ・フーとも読めなくはない)というバンドの『Yuve Yuve Yu』という曲だそうです。
モンゴルの民族楽器を巧みに取り入れているようですが、グローバル市場を狙って、あえてこういったスタイルにしているのでしょうか。
こういうのを日本に例えると、グローバル市場を狙ったロック・バンドが、あえて雅楽や津軽三味線を取り入れているようなもんですからね。

とは言いつつも、楽曲そのものはなかなかカッコよく、一度聴いたら耳に残る曲ではあります。
モンゴルのロックバンドということもあって、なんだかボーカルがダイエットに成功した朝青龍に見えなくもないです。
そんな彼の発声方法も、完全にホーミーを意識しているようです。

↓楽曲は1分過ぎから始まります。


↓こちらがホーミーですね。

tag : 動画 モンゴル

2018-11-18 20:02 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】ザ・コンサルタント(2016年:アメリカ)


監督  ギャヴィン・オコナー
脚本  ビル・ドゥビューク
出演  ベン・アフレック
    アナ・ケンドリック 他

<<<『ザ・コンサルタント』のあらすじ>>>

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフには、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切り、年収10億円を稼ぎ出す命中率100%のスナイパーというもう一つの顔があった。そんなウルフにある日、大企業からの財務調査の依頼が舞い込んだ。ウルフは重大な不正を見つけるが、その依頼はなぜか一方的に打ち切られ、その日からウルフは何者かに命を狙われるようになる。


引用元:映画.com|ザ・コンサルタント


※)ネタバレ注意

続きを読む

tag : アクション映画 ベン・アフレック 自閉症

2018-11-17 19:45 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】私がクマにキレた理由(わけ)(2007年:アメリカ)


監督  シャリ・スプリンガー・バーマン
    ロバート・プルチーニ
脚本  シャリ・スプリンガー・バーマン
    ロバート・プルチーニ
出演  スカーレット・ヨハンソン
    ローラ・リニー 他

<<<『私がクマにキレた理由(わけ)』のあらすじ>>>

ステキなエリートを夢見るアニー(スカーレット・ヨハンソン)は、ひょんなことからマンハッタンのゴージャスなマダム、ミセスX(ローラ・リニー)に雇われ、彼女の幼い息子の面倒を見るベビーシッターとして働くことに。しかし、自由なニューヨークの生活を夢見ていたアニーは、自分勝手なセレブ一家に24時間振り回されるハメになる。


引用元:Yahoo!映画|私がクマにキレた理由(わけ)


※ちょいネタバレ

続きを読む

tag : コメディ映画 スカーレット・ヨハンソン

2018-11-16 20:12 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

朝鮮人民軍の行進曲がアノ名曲だったら

またまた動画の紹介です。
これはちょっとツボだったので、記事にアップしてみました。




ついでといっちゃなんですが、こんなのもあります。
https://www.youtube.com/watch?v=n2CQqxyQM1U

tag : 動画 北朝鮮

2018-11-15 19:46 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】007/ロシアより愛をこめて(1963年:イギリス/アメリカ)


原作  イアン・フレミング
監督  テレンス・ヤング
脚本  リチャード・メイボーム
出演  ショーン・コネリー
    ダニエラ・ビアンキ 他

<<<『007/ロシアより愛をこめて』のあらすじ>>>

英国情報部に、ソ連情報部のタチアナという女性が亡命を希望してきた。彼女は手土産に、最新式の暗号機を持ち出すという。そして、彼女自身の希望で、ジェームズ・ボンドが派遣されることになった……。国際的犯罪組織スペクターが仕組んだ、英ソ間を巻き込む陰謀との闘いを描く。


引用元:Yahoo!映画|007/ロシアより愛をこめて

続きを読む

tag : アクション映画 007シリーズ ショーン・コネリー

2018-11-14 20:10 : 映画レビュー : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-(2007年:イギリス/フランス)


監督  エドガー・ライト
脚本  エドガー・ライト
    サイモン・ペグ
出演  サイモン・ペグ
    ニック・フロスト

<<<『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』のあらすじ>>>

ロンドンの首都警察に勤めるニコラス・エンジェルは、大学を首席卒業、警察学校でもトップの成績を残し、検挙率もトップで幾度もの表彰を受けた頭脳明晰スポーツ万能なエリート警察官。ところが彼はその余りの有能さゆえに上司や同僚から迷惑がられ、田舎町サンドフォードに左遷させられてしまう。

ほとんど犯罪など起こらないサンドフォードでニコラスを待っていたのは、呑気でいいかげんな仲間たちと共に退屈な仕事に従事するばかりの日々。首都警察の頃と同じ調子で四角四面に働く彼は周囲と馴染めず、ここでも浮いた存在になっていく。しかしひとつの事故をきっかけに、ニコラスはこの一見平穏な村に潜む何かに気づきはじめる。


引用元:Wikipedia|ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-

続きを読む

tag : アクション映画 エドガー・ライト

2018-11-13 20:01 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

シュワルツェネッガーの名付け親(長文)



1980年代を代表するアクションスターと言えば、シルベスター・スタローンアーノルド・シュワルツェネッガーがですが、どういうわけか当ブログの映画レビューでは、シュワちゃんの映画ばかり紹介しています。
スタローンの映画は『勝利への脱出』1作のみ。
私はどちらかといえばスタローン派なのですが、なぜかこのブログではあまり取り上げていません。
もしかしたらスタローンの映画って、『ロッキー』シリーズにしろ『ランボー』シリーズにしろ、紹介するまでもない、王道中の王道の映画が多いからでしょうか。
ところで、シュワルツェネッガーといえば、日本では「シュワちゃん」の愛称で親しまれています。
でもこの愛称、名付け親は一体誰なんでしょうか?
私の記憶が確かなら、この「シュワちゃん」の名付け親は、どうも島田紳助ではないかと思われます。

続きを読む

tag : 長文 アーノルド・シュワルツェネッガー 島田紳助 バラエティ テレビ 映画

2018-11-12 19:44 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

かんた

Author:かんた
軽度の発達障害。
それに伴い中度の社会不安障害を誘発した模様。

タグランキング 50

メール

gadget10.png

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR