FC2ブログ
ワケありオヤジの独り言

   パワハラ・体罰問題で思い出す、ひいおばあちゃんの言葉

2018/09/22
  • カテゴリー+タグ:日記 パワハラ 体罰問題 教育 高校野球 大坂なおみ
  • 先日『バイキング』を見ていましたら、少年野球の体罰問題が取りざたされていました。
    ここ最近になって、この手の問題がやたらと多くなってきているような気がします。
    たしか、その裏の『ひるおび!』では、大坂なおみ選手とそのコーチについての話題でした。
    『バイキング』では大坂選手の話題には触れていませんが、ここ最近のパワハラ問題や体罰問題に触れるたびに、この大坂選手とそのコーチとの関係を対比する人も少なくないようです。
    私は体罰には反対の立場なのですが、大坂選手のコーチと少年野球などのスパルタ式の指導法を対比するのも、少々いかがなものかと思うこともよくあります。
    少年野球とか高校野球の選手たちというのは基礎体力や技術面など、まだまだ未熟な面が多いです。
    それに対し、大坂なおみ選手などは才能の塊です。
    極端な話、ひと言ふた言のアドバイスですぐに理解できる大坂選手に対し、高校野球や少年野球は一から教えないといけないことだってあるのです。
    おそらく大坂選手だって、基礎体力的にも技術的にもまだまだ未熟だったころには、高校野球や少年野球バリの厳しいトレーニングを受けていたかもしれません。
    もちろん、パワハラとか過度の体罰は無かったでしょうが。
    そんな対照的な両者ですから、高校野球や少年野球に、現・大坂選手と同じコーチングができるはずが無いのです。

    ところで、私が体罰と聞いてどうしても思い出すのが、母方の曾祖母の逸話です。
    私の母は第一子でした。
    そして第二子として待望の男の子が生まれたのが、私の叔父です。
    曾祖母は待望の男の子を生んだ自分の娘(私から見れば祖母)に対して、こういったと言います。
    「ええか、男の子を育てる時はな、差し違える覚悟なないとあかんのやで」
    そんな曾祖母ですから、彼女は自分の息子(私から見れば大伯父)に膝を交えて説教するとき、両者の間に出刃包丁を置いて息子に説教したと言います。
    なんだかとても恐ろしいような気がしないでもないですが、これは体罰の本質と似ているように思います。
    体罰はいけないことです。
    しかし、教育の現場にいれば、「今こいつを殴らなければ、こいつは一生ダメになる」という場面に一度や二度は遭遇します。
    そんな時、殴る側は「こいつと刺し違えても構わない」という覚悟が必要なんじゃないかと。
    つまり、一発殴ることによって、今まで築き上げてきた自分の地位や名誉というものをドブに捨てることになるかもしれない。
    それでも今こいつを殴らなければ、こいつは一生ダメになる。
    そんな覚悟ですね。
    『バイキング』を見たときもそうでしたが、最近の体罰問題を見てみると、選手たちに手をあげる最近の指導者には、そういった覚悟があるのだろうかと、疑ってしまいます。

    そういえば2013年頃でしょうか、女子柔道選手への体罰問題が大々的に報じられたことがありました。
    そのとき、選手から訴えられた指導者は慌てふためいたとのことでした。
    さらに指導者は、告発した選手に対し「なんでこんなことをするんだ」と問い詰めたとか。
    人から聞いた話なのでその真偽はわかりませんが、もし本当に殴られた選手に告発されて、その指導者が慌てふためいたとしたなら、これほどみっともない話はありません。
    告発を受けて慌てるぐらいなら、最初っから体罰なんてやらなければいいのです。

    よく体罰でも「愛情があればいい」などという人もいますが、愛情というのはときおり自己犠牲と同等に扱われます。
    「俺はすべてを失っても構わない」
    そういう覚悟こそ、愛情のある体罰なんじゃないのでしょうか。

    ↓スパルタ式の本家本元といった感じです。

    >>コメント(0)
    スポンサーサイト

       もしかしたら隠れ美人かもしれない女芸人

    2018/09/19
  • カテゴリー+タグ:日記 バラエティ 大久保佳代子 尼神インター
  • 今回の内容は、女性の方にとっては少しイラッと来る内容かもしれません。
    ご了承ください。

    テレビでは、たくさんの女性お笑い芸人たちが活躍している。自身のコンプレックスをネタに笑いをとることも多い女性芸人だが、「意外にかわいい」といわれている女性芸人は多い。そこで今回は、30代~40代の男性200人に、最近活躍中の女性お笑い芸人の中で「最も美人だと思うのは誰か?」を聞いてみた。


    引用元:デイリーニュースオンライン|鳥居みゆきは第2位「美人だと思う女性芸人」第1位に輝いたのは?


    これまた凄い内容と言いますが、興味があるようであまり見たくないようなランキングであります。
    いちおう引用元サイトによる順位を発表しておきますと、以下の通り。

    第4位が同率でイモトアヤコとにゃんこスターのアンゴラ村長。

    第3位がいとうあさこ。

    第2位がタイトルにもあった鳥居みゆき。

    そして第1位が友近なのだそうです。

    なんだか納得がいくようないかないような順位であります。
    モノマネ芸人も対象だったら、綾瀬はるかのモノマネで有名な福田彩乃とか、鈴木奈々のモノマネで有名なみかんとかが上位に食い込みそうですが。
    ちなみにみかんさんは、当初はモノマネが得意なモデルさんかと思っていました。


    そういえば以前、高須クリニックの例の院長が、とあるブサイク芸人(男性です。名前は忘れました)にたいして「あなたは目が素晴らしい」と、目だけをベタ褒めしたらしいです。
    そのブサイク芸人の目はキムタクを越えていて、100点満点の目をしているのだとか。
    ただその高須院長によると、顔の評価というのは足し算ではなく掛け算で評価するものだそうで、いくら目が100点満点でも他がすべて0点だったら、顔の総合評価も0点になるのだそうです。
    そのブサイク芸人も、その理屈から「お前の顔は0点」という最終評価が下されたそうです。
    その高須院長の理屈、何だかわからないでもないです。
    何故かというと、どうもその逆パターンで、本来は美人なのに顔の評価がかなり下がっているんじゃないかと思わしき女芸人がいるからです。
    つまり、顔の1か所だけ0点であるために、すべてがゼロになっている女芸人ですね。
    その女芸人とは、ひとりは大久保佳代子でもうひとりは尼神インターの狩野誠子です。
    尼神インターの誠子なんて、妹さんが双子の美人姉妹がいるだけあってその面影がかすかにあります。
    大久保佳代子にいたっては、以前、『オールスター感謝祭』で女優の香里奈を見かけたとき、一瞬だけ大久保佳代子に見えたぐらいです。
    いや、これは香里奈を貶めているのではなく、大久保佳代子を持ち上げているのですが。
    この2人、顔の1か所のどこかが0点であるがために、高須院長の言う掛け算方式で「ブサイク女芸人」の仲間入りを果たしているような気がしてならないのですが、どうなんでしょう。
    その0点の個所がせめて5点ぐらいあれば、掛け算方式でかなりの美人の部類に入るのではないかと思われます。
    もし『ある意味とても残念な顔の女芸人ランキング』なんてのがあったら、この2人は上位に食い込みそうです。
    大久保佳代子に狩野誠子、もうあと数センチ顔の方向性が違っていたら、この2人の運命は大きく変わっていたんじゃないでしょうか。

    ↓高須クリニックのCMに出ていた人見たいです。

    >>コメント(2)

       安室奈美恵とその時代を少し思い出してみた

    2018/09/16
  • カテゴリー+タグ:日記 安室奈美恵 ロック
  • 本日の日付は2018年9月16日です。
    もうこの記事がアップされているころには、平成の歌姫・安室奈美恵さんの芸能生活もあと数時間といったところでしょうか。
    あるいは時間差でこの記事を読まれている方にとっては、もう安室奈美恵さんが引退されているころかもしれません。
    私はとくに彼女のファンというわけではありませんが、それでも彼女が私たちに与えたインパクトというのは強烈なものがりました。

    彼女の全盛期と言えば、1994年から結婚されるまでの1998年でしょうか。
    …とまあ、全盛期などという言い方をすると、まるで彼女が一発屋みたいな感じもしないでもないですが、やはりいちばん勢いがあった90年代の破壊力に比べると、最近の彼女の活躍はやや落ち着いてきたといった感じです。
    もちろん21世紀に入ってからは、ナンバーワンの座こそ明け渡したものの、それでも芸能界では常に上位の座を安定的にキープしておられます。
    アムラー」なる言葉が、もはやとっくの昔に死語になったにもかかわらず、その生みの親である安室奈美恵さんの引退がここまで惜しまれるのが、何より象徴的です。

    さて、そんな彼女の全盛期のころと言えば、私はどんな音楽を聞いていて、どんな生活を送っていただろう、と、この2、3日だけは、少し思い起こさせる機会が多くなっているような気がします。
    1994年から1998年、そのころ私は、ほぼハードロックやヘヴィメタルを専門に聞いていたころです。
    そのころは、メタリカがアルバム『メタリカ(ブラック・アルバム)』以来5年ぶりとなる『ロード』を発表、長いあいだ沈黙を守っていたボストンが『サード・ステージ』以来のアルバムを発表、ヴァン・ヘイレンがアルバム『バランス』を発表、このアルバムがサミー・ヘイガ―在籍最後のアルバムとなる、ロバート・プラントジミー・ペイジペイジ・プランとなるプロジェクトを始動して「レッド・ツェッペリンの再結成だ!」と話題になる。
    そしてなんといっても、ジャーニースティーブ・ペリーを含むオリジナルメンバーで13年ぶりに復活。
    など、当時のことを思い出してしまいます。
    たしか「カート・コバーン死去」というショッキングな出来事もこの頃だったと思います。

    世間に目をやると、阪神淡路大震災地下鉄サリン事件などもそのころで、あと「ジョホールバルの歓喜」で日本が初めてサッカー・ワールド・カップ出場を決めたのもそのころです。
    サッカー関係で言うなら、96年アトランタ・オリンピックの「マイアミの奇跡」なんてのもありましたね。

    安室さんのファンでもない私が、彼女一人でこれほどまでに過去のことを思い出させるなんて、本当に彼女が持つ地のパワーって凄いものがあるなと、改めて思いました。

    ちなみに私自身の私生活ですが、そのころ(だけではありませんが)の私はあまりいい思い出がないので、それに関してはちょっと省略させていただきます。

    ↓ここ2~3日は、この曲のサビの部分が頭の中を駆け巡ります。

    >>コメント(4)

       不思議なワンちゃん

    2018/09/14
  • カテゴリー+タグ:日記 奇跡体験アンビリバボー バラエティ
  • 時折、ブログの足跡画面を見ているのですけれど、やはりペットのワンちゃんを話題にされている方も少なくありません。
    私も犬と言えば、画像や写真などでは癒されたりはするのですが、実際の実物に関してはちょっと苦手です。
    原因ははっきりしていて、幼い頃、近所の犬に手を咬まれたことにあると思います。

    さて今回は、そんなワンちゃんの中で、テレビで見かけたちょっと忘れられないワンちゃんの話題をお届けしようと思います。
    それはたしか2010年頃だったでしょうか、『奇跡体験アンビリーバボー』で、人間の言葉を理解する犬というのが紹介されました。
    その時の番組MCは所ジョージさんで、アシスタントはまだ元気だった小林麻央さんでした。
    その犬が人間の言葉を理解しているということが、どうやってわかるのかといえば、例えば飼い主がその犬に今やりたいことを尋ねるととき、
    「右手が昼寝、左手がお散歩」
    と言った具合に両手をその犬に差し出します。
    そしたらその犬は、自分がやりたい方の飼い主の手に「お手」をします。
    例えば、昼寝がしたかったら飼い主の右手にお手を、散歩がしたかった飼い主の左手にお手を、と言った具合にです。
    ちなみにそのワンちゃんはかなりおませだったみたいで、「エビちゃん」ことモデルの海老原友里さんのことが大好きでした。
    「右手がエビちゃん、左手がもえちゃん(押切もえ)、どっちが好き」
    と飼い主がそのワンちゃんに尋ねると、そのワンちゃんはきっちりと右手にお手をしていました。
    そのワンちゃんが『アンビリーバボー』のスタジオに遊びに来たときには、エビちゃんがサプライズで登場。
    ワンちゃんは、しっぽをフリフリしながら大喜びしていました。

    さて、私がそのワンちゃんに驚かされたのは、実はその後だったんです。
    その回のガヤゲストとして、漫才のU字工事が出演していました
    彼らは、そのワンちゃんのコーナーの前の別のコーナーでも、よくMCの所ジョージさんから話を振られ
    「どうですか、球児・好児さん」
    と、わざと間違うといういじられ方をしていました。
    するとU字工事は
    「ゲロゲーロ(球児・好児のギャグ)って、違う!」
    と、すかさず突っ込む。
    U字工事は、そういうイジられ方を何度かされていました。
    ちなみに球児・好児とは、昭和世代の人気漫才コンビです。

    さて、番組のプログラムが進んで、例のワンちゃんのコーナーがやってきました。
    エビちゃんとの感激の対面をはたしたあと、飼い主はそのワンちゃんに
    「この漫才師のコンビ名は? 右手がU字工事、左手が球児・好児、どっち?」
    と質問。
    すると、そのワンちゃんはこともあろうに、左手である球児・好児の方にお手をしたのです。
    さすがのU字工事も、「おい」とツッコミを入れます。
    それに会場から笑い声が聞こえる。

    飼い主である人間が問題を出して、ペットの犬が回答を出すというのは、ある程度、訓練をすればできるものです。
    単純な足し算引き算をする犬というのも、おそらくその類でしょう。
    しかし、このワンちゃんは違います。
    その場の空気を読んで、ワザと間違えたのです。
    そして笑いをとったのです。
    こういう三流のお笑い芸人ですらマネのできない臨機応変な対応ができるとなると、もはやこのワンちゃんには人間の魂が宿っているのではないか、と勘繰りたくなります。
    もしそんなことが本当にあるのなら、私はそのワンちゃんと直接会って、膝を交えて話がしたいです。
    そしたら、私が幼い頃に受けた犬のトラウマも払しょくできるかもしれません。

    ↓とりあえずワンちゃんということで。

    >>コメント(2)

       大坂なおみ選手、優勝したけど…

    2018/09/11
  • カテゴリー+タグ:日記 テニス 大坂なおみ タイガー・ウッズ
  • テニスの大坂なおみ選手、優勝しましたね。
    今や日本列島は、あのロシアW杯並に盛り上がりを見せています。
    しかし私に言わせると、なんて言うんでしょうか、猫ひろしの逆バージョンみたいな黒人選手が陸上100メートルで日本代表になって、いきなり世界新記録を出しちゃった、ってノリに近いもをの感じてしまいます。
    それでいて「日本人初の大快挙!!」って言われても、私にしてみれば「はぁ?」ですわ。
    これが同じハーフ日本国籍アスリートでも、ケンブリッジ飛鳥サニブラウンだったら素直に喜べたりするんですけれど。
    とまあ、こんなことを書いてしまうと、今回の優勝に感動しまくっている方々に水を差すようで申し訳ないです。
    ただしこれは、裏を返せば、カンボジア語もロクに話せない猫ひろしが、本当に外国籍アスリートとして認められたいのなら、大坂なおみクラスの活躍をしてみろ、ということでもあるんですけれど。

    ところで、同じような混血アスリートとして私が真っ先に思い出すのが、ゴルフのタイガー・ウッズ選手です。
    彼は混血(これって差別用語?)の中でも人種のオンパレードらしく、聞いたところによると、何でも20の人種の血が混じっているとか。
    ちなみにこれも母親から聞いた話ですが、そんな人種のオンパレードであるタイガー・ウッズに、あるインタビュアーがこんな質問をしたそうです。
    「あなたは本当はナニ人ですか?」
    するとタイガー・ウッズは
    「私は人間です。あなただってそうでしょ」
    と答えたと言います。
    つまり「私は地球人であり地球市民」という意味でもあるわけですね。
    なるほど、そういう答えもあるんですね。
    おそらく大坂なおみ選手にも同じ質問をしたら、同じような答えが返ってくのではないでしょうか。

    そういえば、とある自民党の議員さんが、「日本国民である前に地球市民であれ」と発言したことがあるようすが、タイガー・ウッズや大坂なおみ選手などを見ていると、本来「地球市民」とか「世界市民」なんて言葉は、国籍やアイデンティティを超越した功績を残した人物でない限り、ヌケヌケと使っちゃいけないんじゃないか、とさえ思えてきます。
    よく「意識高い系」を自負した人は「日本人である前に地球市民」などという言葉を平気で使う人もいるようですが(とくにネットの世界では)、でも本来「地球市民」や「世界市民」などという言葉は、私たちが想像している以上に「重圧がのしかかる言葉」なのかもしれません。

    ↓やっぱり、この人は凄い人だったんだな。

    >>コメント(0)