FC2ブログ

まるでリアル・オオカミ少年



先日の『奇跡体験! アンビリーバボー』は「仰天&奇跡!家族の絆2時間SP」でした。
これは読んで字のごとく、家族のきずなをテーマにした企画だったのですが、そんな企画のなかで、夫が妻を30年間監禁し絞殺した、という実際に起きた事件を取り扱ったコーナーがありました。
その夫婦に子供はなく、妻は30年間人前に姿を現さず、おまけに夫は近所に悪態をつきまくって周りからも嫌われている。
再現VTRの前半だけを見れば、明らかに夫が妻監禁しあげく首を絞めて殺したかのように見えました。
しかし実態はそうではありませんでした。
てんかん発作が激しかった妻は、外出も嫌がるほどの出不精になり、おまけに医者にも見せられないほどの金欠病でした。
夫はそんな妻を献身的に介護をし、妻も夫に絶大なる信頼を寄せていた。
妻の死亡後の家宅捜索では、妻が夫にあてた大量のラブレターが発見され、夫は無罪に。
夫は妻を30年間監禁していたどころか、お互いに深い愛情で結ばれていたのです。
VTRが終わるとスタジオゲストやレギュラーのバナナマンや剛力彩芽らも、感動のコメントを寄せていました。
そして、「先入観を持つのはやめよう」とか「人を見た目で判断するのはやめよう」という結論に達したのです。
確かにこの事件は、先入観から罪もない人が殺人犯にされそうな事件でした。
しかし私は、このVTRを見終わったあと、なにか解せないものを感じました。

よく自己啓発系の書籍をみてみますと、「人は見た目が9割」だとか「人間は第一印象で決まる」といったような書籍をよく見かけます。
これはおそらく真実でしょう。
私はこのVTRを見終わったあと、人間というのはいかに日ごろの行いが大事かということを痛感させられたような気がしました。
たしかにあの事件は、先入観による誤解から生じたものです。
しかし先入観というのは、持ってしまうものではありません。
先入観とは人に与えてしまうものです。
そのことは、あの事件をみれば明らかです。
夫はいくら妻の希望とはいえ、30年ものあいだ彼女を外へと連れ出さなかったのです。
てんかんという事情を知らない住民からしてみれば、奥さんが30年間も外出しないなんてなってくると「何かあったのでは?」と心配になってくるはず。
そんな住民の心配を「うるせぇボケ」と跳ねのけたらどうなるでしょうか。
夫がどんなにつらい事情があろうと、住民に対し愛想よく振る舞う努力をしていれば、近所の人だって何らかの手助けしてくれたはずです。
今回のケースでは、タマタマ中のタマタマで良心的な弁護士さんと巡り合えて夫は無罪を勝ち取ることはできました。
しかし巡り合わせが悪く、運悪く実刑食らったって文句が言える立場ではないのです。

そのときの放映では、ゆきぽよとかいうギャル系のグラビアアイドルもスタジオゲストとして出演していました。
あのVTRが終わったあと彼女は、「私もこんな格好しているから、電車の中で携帯が鳴ると、みんな私の方を見るんです」と、先入観によって迷惑ケータイの主犯にされてしまったことを告白していました。
しかし私に言わせると、「そんなチャラチャラした格好しているアンタが悪い」です。
いえ、別にこれは、チャラチャラした格好をするなといっているわけではありません。
ギャル系の恰好するのなら、先入観を持たれても仕方がないということを自覚しておけ、ということが言いたいのです。

最近では、若いアスリートも髪の毛を染める人も増えてきました。
その走りはサッカーJリーグではないか、といわれています。
たしかに、93年のJリーグ全盛期には、それこそ赤やら黄色やら色とりどりの髪型をしたサッカー選手が目立っていました。
そんな中、元日本代表でヴェルディ川崎のスター選手だった武田修宏さんも、髪の毛を染めていた時期がありました。
武田さんはあのときのことをこう振り返ります。
「髪の毛を染めることによって『アイツは恰好だけだ』と思われたくないから、余計に結果にこだわった」
よくアスリートは「気合を入れるために髪の毛を染める」といいますが、これなどは「人は見た目が9割」を逆手に取ったやり方ですね。
18年のW杯で、本番直前で長友佑都選手がいきなり髪の毛を金髪に染めて周囲を驚かせましたが、あれなどはまさしく「人は見た目が9割」を逆手に取った気合の入れ方ではないかと思われます。
その結果、長友選手は日本代表ベスト16に貢献する活躍を見せてくれました。
髪の毛を染めたい人は染めても構いませんが、染めた以上は世間の目はより一層厳しくなるよ、ということだけは覚悟しておけということです。

さて、話を『アンビリーバボー』に戻しましょう。
オオカミ少年はウソばかりついていたせいで、本当にピンチになったときには誰も助けに来てくれませんでした。
『アンビリーバボー』のケースも、これもまったく同じケースです。
日ごろから悪態ばかりついて周りから誤解を受けるような事ばかりしているから、いざとなったときに誰も助けてくれない。
あのケースはまさに、リアルオオカミ少年そのものです。
あのVTRの教訓は「先入観を持つのは辞めよう」ということになっていましたが、それ以上に、いかに日ごろの行いが大事かもくみとらなければならなかったVTRではなかったでしょうか。
そのことが番組内では一切触れられていなかったのが、ちょっと残念です。


曲名:マイ・ジェネレーション/ゴーリキーパーク
スポンサーサイト

tag : テレビ 長文

2019-03-17 14:12 : 雑記 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

実は見過ごせないジェネレーションギャップの話(長文)



ご存知の方はご存知かと思いますが、「炎の講演家」として知られる鴨頭嘉人さんによれば、70代以上、60代~40代、30代以下では、その人生における価値観が違うそうです。
そもそも価値観とは、その人が育った環境や人生の体験によって作られるのだそうです。
ですから、厳密に言えば個人個人それぞれ価値観が違って当たり前なのですが、あえて世代ごとに大きく3つに分けるとこうなるのだそうです。
では、それぞれの世代の価値観を鴨頭さんの見解から見ていきますとどうなるか?

続きを読む

tag : 教育 鴨頭義人 長文

2019-02-23 20:13 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

人生は快楽主義だ!



今回の記事は凄く長くなってしまったので、ST Rockerさんに倣って、最初に記事を要約してみました。

<<記事の要約>>
・アンガールズ田中に見る快楽主義
・WBCイチローに見る快楽主義
・サラリーマンに見る快楽主義
・ブラック企業は快楽主義に逆行する
・日本人横綱誕生を快楽主義で見てみた

続きを読む

tag : アンガールズ田中 イチロー 相撲 稀勢の里 長文

2019-02-17 20:06 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

引きこもりと犠牲者根性(長文)



現在一種の社会問題となっている引きこもりですが、その原因とは何でしょう?
なんでもとある大学の研究グループによると、引きこもりのうち4人に1人が発達障害ではないか、という研究結果も出ているとか。
早い話、乱暴な言い方をすれば「引きこもり」というのは、世間からのはみ出し者であることには間違いないようです。
私が15年ほど前にお世話になった引きこもりサークルでは、ちょっと面白い現象が起きまして、そんなはみ出し者の集まりであるはずの引きこもりサークルのなかでも、やっぱり「はみ出し者」という存在も出てきてしまうわけですね。
私が所属していたサークル内にもそのようなはみ出し者が2人ほどいて、彼らはみ出し者であるがゆえに、みんなから煙たがられていました。
しかもその2人はまったく異なるタイプのはみ出し者です。
では、いったい彼らはどんなタイプだったのでしょうか?

続きを読む

tag : 長文 引きこもり

2019-01-20 20:02 : 雑記 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

プチ・ストーカー被害に遭って考えさせられたこと(長文)



いきなり記事タイトルとは全然関係ありませんが、その昔『ドーベルマン刑事でか』という刑事モノのコミック・マンガがありました。
そのなかに「沖縄の銃声」というタイトルのエピソードがありまして、そこでで描かれていたのが当時の沖縄の警察の実態のようなものでした。
とりあえず劇画なのでどこまでが本当なのかはわかりませんが、当時の沖縄の警察官は拳銃を所持していなかったそうです。
違法風俗店の摘発にいっても、そこを運営している暴力団たちに拳銃を向けられて、警察官たちは手も足も出ないという場面が描かれていました。
その後、沖縄の警察官たちの拳銃の所持が認められ、それを渡す役割がこの漫画の主人公・加納城治刑事、というわけです。
突然拳銃を渡された沖縄の警察官たちは、その日を境に豹変します。
先ほどの風俗店を摘発して経営者を逮捕したはいいのですが、拳銃を手にした彼らは、逮捕後で無抵抗な容疑者たちを、今までのお返しとばかりにリンチで痛めつけます。
さらに、万引き少年をボコボコに殴ったり拳銃で脅したりと、もはやヤクザに近いものでした。
やがてひとりの警官が、かくれんぼしていた幼い子供を犯人と間違えて拳銃で射殺。
ヤケになったその警官はボートで逃走し加納刑事にまで発砲します。
結果、その警官は加納刑事によって射殺されるのですが、この漫画の回だけを読むと、なんだか国家権力の恐ろしさを感じずにはいられなくなりそうです。
ただ、エピソードの最後は、この事件を機に沖縄の警官たちは反省して加納刑事と別れるという設定になっています。

続きを読む

tag : 安全保障 ストーカー 長文

2019-01-06 20:04 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

かんた

Author:かんた
軽度の発達障害。
それに伴い中度の社会不安障害を誘発した模様。

タグランキング 50

メール

gadget10.png

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR