ワケありオヤジの独り言

   【映画レビュー】テルマエ・ロマエ(2012年:東宝)

  • カテゴリー+タグ:映画レビュー 映画 コメディ 歴史 阿部寛 上戸彩
  • テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]
    東宝 (2012-11-23)
    売り上げランキング: 32,088



    ヤマザキマリさん原作の人気コミックの実写映画化。
    この作品には、原作には登場しないキャラクターも登場するようなのですが、一応、原作のエピソードは下地になっているそうです。

    <<『テルマエ・ロマエ』のあらすじ>>

    古代ローマ帝国の浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、生真面目すぎる性格が時代の変化に合わず、職を失ってしまう。落ち込む彼は友人に誘われて訪れた公衆浴場で、突然現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは、漫画家志望の真実(上戸彩)ら、「平たい顔族(=日本人)」。日本の風呂文化に衝撃を受けたルシウスは、古代ローマにもどって、そのアイデアを使い大きな話題を呼ぶ。タイムスリップを繰り返すルシウスは、浴場技師としての名声をローマで得ていく。その評判を聞きつけた時の皇帝ハドリアヌス(市村正親)は、自分の後継者にと考えているケイオニウス(北村一輝)のためにルシウスに大浴場を作るよう命じる。次第にルシウス、そして真実までもがローマ帝国の運命に深く関わっていくことに…。


    引用元:フジテレビ|テルマエ・ロマエ


    例の「東宝」のロゴマークのあと、日本映画っぽくないオープニングで幕を開けるこの映画は、かなりのツッコミ甲斐がある映画です。
    まず、何でローマ人の役が日本人だよというツッコミ。
    そのローマ人扮する、阿部寛が日本人を見て「平たい顔族」って、お前もだよっ、と言いたくなるツッコミ。
    もっとも、阿部寛は日本人にしては堀が深い方ですが。
    さらに、阿部寛扮するルシウスの異常なまでの学習能力の高さ。
    シャワーやジャグジー、銭湯名物の牛乳瓶入りの飲料水など、、10分そこそこ偵察しただけですぐそれをローマで再現してしまうんですから。
    もちろん、これらはすべて映画だからこそなせる業であって、実際はそう上手いこといくはずがありません。
    そんなツッコミどころも満載ですが、あの阿部寛の独特のキャラクターには思わず笑ってしまい、思わず許してしまいます。
    やはり映画というのは、どんな手法を使っても構わないけど、最後の最後には見ている側を納得させたもん勝ちなんだなと、強く感じてしまいました。
    さて、先述した通り、この映画では主要なローマ人の役を日本人が演じております。
    それも、阿部寛をはじめ、市村正親、宍戸開、北村一輝など、一癖も二癖もありそうな個性豊かな俳優さんたちです。
    そんな彼らがローマ人になりきっているからでしょうか、皆さんのセリフ口調が洋画の吹き替えっぽい気がしたのは私だけでかもしれません。
    そういう一癖も二癖もあるキャラクターの中に、ポツンと浮いちゃった感のあるのが上戸彩。
    日本舞台の時はそうでもなかったのですが、ローマにタイムスリップして阿部寛と対峙している時には、上戸彩のキャラクターが彼のキャラクターに負けているような気がしました。
    この映画最大のツッコミキャラである阿部寛に、上戸彩が喰われてしまうなんて、何だか皮肉ですね。
    個人的に彼女のファンなので、ちょっと残念です。
    その上戸彩扮する漫画家志望の山崎真実は、原作にはないキャラクターだそうです。
    ただし、その名前から察するに、これは原作者自身、という設定でしょう。
    ちなみにヤマザキさん自身の実家は、温泉宿ではないようですが。


    ところで、この作品がローマが舞台ということもあって、オペラのアリアもBGMとしてよく使われていました。
    そんな中、やっぱりこのアリアが、とても印象的に使われていました。

    >>コメント(0)
    スポンサーサイト

       【映画レビュー】ブレイブハート(1995年:アメリカ)

  • カテゴリー+タグ:映画レビュー 映画 歴史 アクション
  • ブレイブハート(2枚組) [Blu-ray]
    20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2009-11-27)
    売り上げランキング: 46,634


    この作品はアカデミー賞の作品賞を始め4部門を受賞した作品です。
    この作品とは直接関係ないのですが、ある映画通の知人がいうには、アメリカというのは独立以前はイギリスの支配下にあったため、反英的な映画がアカデミー賞と取りやすいのだとか。
    別の映画通の知人のその話をしたら、
    「そんなわけあるか」
    と一蹴。
    どっちが正しいのかよくわかりませんが、とりあえずこの映画は、やや反英的な映画でありながらもアカデミー賞を取るだけのことはあって、ぐいぐいと人を引き付けていく映画であることは間違いありません。

    <<『ブレイブハート』あらすじ>>

    13世紀末のスコットランド、残虐で冷酷なイングランド王エドワード1世の侵略によって家族を殺害されるも、難を逃れたウィリアム・ウォレス。成人して彼は故郷に戻り、そこで幼なじみのミューロンと恋に落ち、結婚する。しかし彼女はイングランド兵の手によって殺害される。ウォレスは復讐を決意、圧政に苦しむスコットランドの民衆の支持もあり、抵抗運動は熱を帯びていく。


    Wikipedia|ブレイブハート


    主演のウィリアム・ウォレス役には『マッドマックス』シリーズでおなじみのメル・ギブソン。
    そして彼に恋い焦がれるイザベラ皇太子妃役には、80年代、日本で最も人気のあったフランス人女優ソフィー・マルソー。
    この2人が出演するとあらば、往年の映画ファンなら見ないわけにはいかないでしょう。

    ところで、「あらすじ」を読んでもらえればおわかりだと思いますが、主人公のウィリアム・ウォレスは実在する人物で、スコットランドでは英雄的な存在です。
    そんな英雄像を描くのであれば、メル・ギブソンでは少々むさくるしさが目立ったような気がしました。
    美少年とまではいかないものの、もうすこし気品がほしかったなと思ったりもするのですが、ウォレス自身が農家出身ということですから、これも仕方がないのでしょうか。
    その一方で、皇太子妃役のソフィー・マルソーは相変わらずお美しい。
    彼女の出番こそ少ないものの、要所要所での存在感を放っています。
    実を言いますと、彼女が出演した映画を見るのは今回が初めてで、学生時代は映画雑誌などのグラビアでよく彼女を見かけていたぐらいでした。

    さてこの映画、物語の舞台が中世というだけあって、そのシーンの大部分が戦闘シーンです。
    それも、名もなき農民たちが自由と独立を求めて戦い血を流していく。
    今のご時世じゃ考えられない展開です。
    しかし、中世のヨーロッパではこんなことは当たり前だったのかもしれません。
    そんな展開の物語ですから、極度の戦争アレルギーの方は見ない方がいいかもしれません。
    きっとその戦闘描写や、その戦闘意欲を煽るようなウォレスのスピーチなどにゲンナリされるやもしれません。


    ↓こちらが主題歌です。こういうケルト音楽は私も大好きです。

    >>コメント(0)

       【映画レビュー】クジラ島の少女(2002年:ニュージーランド)

  • カテゴリー+タグ:映画レビュー 映画 歴史
  • クジラの島の少女 [DVD]
    角川映画 (2004-06-25)
    売り上げランキング: 26,652




    貴志祐介さんの著書『エンターテイメントの作り方』によると、初対面の方と会話する時には、「この話題は避けた方が良い」とされるタブーな話題が3つあるそうです。
    その3つとは、政治思想の話題、宗教の話題、そしてプロ野球の話題です。
    これらの話題に関しては、人それぞれ立場や見解が異なるため、主張が食い違って揉め事の原因になるからだそうです。
    私がこのブログを始めるにあたって心がけていることは、プロ野球を除く上記の話題はなるべくなら避ける、ということです。
    何故なら、人によっては、見解や立場の違いから、とても不愉快な思いをされる場合があるからです。
    ただ今回のレビューは、少しそういった話題に触れるような内容になっています。
    ですので、読まれる方によっては不愉快な思いをされるかもしれません。
    ご了承ください。


    <<『クジラ島の少女』のあらすじ>>

     ニュージーランドの小さな浜辺の村。祖先の勇者パイケアがクジラに導かれこの地へ辿り着いたという伝説を語り継ぐマオリ族。彼らは代々男を族長として村を守り続けてきた。ある時、族長の長男ポロランギは双子の男女を授かるが、不幸にも男の子と母親は出産時に命を落としてしまう。ポロランギは悲しみに暮れ、一人娘を残して村を去る。パイケアと名付けられた娘は、祖父母のもとで育てられる。パイケアが12歳になった時、村では彼女と同年代の少年たちが集められ後継者育成の訓練が始まる。しかし、女であるパイケアはその訓練への参加を許されなかった…。


    引用元:Yahoo!!映画|クジラ島の少女



    マオリ族といえば、ご存知ラグビーのオール・ブラックスが有名ですが、この映画は、その古い仕来りと、それによって苦しめられる少女の物語です。
    最近、我が国でも皇室は男系か女系かで議論が分かれますが、こちらのマオリ族も男系で、しかも族長の資格を持つ者は長男でしかありません。
    主人公が、そんな厳格な伝統の中で生きる少女が主人公ですから、これはもう、思想的にはリベラルな映画か…。
    と思われたのですが、案外、そうとも言えない映画でありました。
    見方によっては、代々受け継がれている伝統を守るということは一体どういうことか、そしてその伝統を変えるということはどういうことか、そんなことを最後の最後に教えられたような気がします。
    ちょっとネタバレになりますが、この映画のマオリ族のように、神話と伝説から紡がれた歴史と伝統を覆すということは、なにか人の叡智を越えたパワーが必要。
    しかもそれは、霊能力などというチンケなものとはわけが違う。
    この映画を見終わったあと、そんなことをひしひしと感じてしまいました。

    さて、この映画の主人公となっているマオリ族といえば、先述したラグビーのニュージーランド代表及びオール・ブラックスですが、この映画はラグビーとは、さほど関係ありません。
    ただ、映画の中ではマオリ族の伝統武術が登場したり、部族の方々が力をひとつにしてクジラを助けたりと、所々でオール・ブラックスの強さの源流のようなものが垣間見えてしまいます。
    映画のラストはハカダンスで絞めるあたりは、もしかしたらラグビーファンにとっては、ゾクゾクするものがあるかもしれません。




    >>コメント(2)