FC2ブログ

【映画レビュー】ザ・ファン(1996年:アメリカ)


監督  トニー・スコット
脚本  フォエフ・サットン
出演  ロバート・デ・ニーロ
    ウェズリー・スナイプス 他

<<<『ザ・ファン』のあらすじ>>>

地元球団の大物スラッガー、ボビーの大ファンであるギルは、仕事の予定があったにも関わらず、別れた妻の元にいる息子を開幕戦に誘った。だが商談には間に合わず会社をクビになったばかりか、息子を置き去りにした事で怒った妻からは子供に近づいてはならないとの裁判所命令を受け取る。自暴自棄になるギルの唯一の心の拠り所はボビーだけだったが、彼もスランプで試合の結果はかんばしくない。彼を救おうと思い立ったギルは、その原因と思われる選手の命を奪うのだった……


引用元:Yahoo!映画|ザ・ファン


※)ネタバレ注意

悪役やっているときのロバート・デ・ニーロって、悪役やっているときの津川雅彦とダブってしまうのは私だけでしょうか?
それにしてもロバート・デ・ニーロって、こういう奇人変人な役をやらせれば、本当に右に出る者はいません。
当初はこのデ・ニーロの役をトミー・リー・ジョーンズがやる予定だったようですが、ジョーンズじゃなくて正解だったかも。
最近では日本でも、熱狂的はファンがアイドルに暴行するという事件が起きていますが、この映画は、そんなゆがんだファン心理を見事に描いた作品です。
そして、そんな人間が歪み切った役をデ・ニーロが見事に演じ切っています。
はっきり言ってしまえば、この映画は彼なくして成り立たなかったでしょう。
ちなみにデ・ニーロ自身、この役同様サンフランシスコ・ジャイアンツの大ファンだそうです。
そんな事情を知っている人にとっては、どこかでが彼の演技でどこまでが彼の本性なのか分からなくなるのではないでしょうか。
そんなデ・ニーロの鬼気迫る演技とともに、作品自体が引き込まれる作品だったのですが、さすがに真犯人がアンパイアに化けていたというオチは、ちょっといただけません。
たしかに意表を突いたラストにしたかったのはわかりますが、さすがにそれには無理があるというか。
まともな野球ドラマだと思っていたら、最後にいきなり分身魔球を投げて終わらせるみたいな、そんな感覚にとらわれました。
それまでの流れたとても面白かっただけに、最後の詰めがちょっと甘かったような気がしました。



↓こちらの解説も。


↓ファンといえば、この曲も思い出します。映画とスペルは違いますが。

曲名:ウィー・アー・ヤング/ファン

スポンサーサイト

tag : サスペンス映画 野球 ストーカー ロバート・デ・ニーロ ウェズリー・スナイプス

2019-04-18 20:05 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】ラストベガス(2013年:アメリカ)


監督  ジョン・タートルトーブ
脚本  ダン・フォーゲルマン
出演  マイケル・ダグラス
    ロバート・デ・ニーロ 他

<<<『』のあらすじ>>>

幼なじみのオールド・ガイズ、ビリーとパディ、アーチー、サムの4人組。仲間内で唯一独身を貫いてきたビリーが若い恋人と結婚することになり、挙式のために彼らはラスベガスで久しぶりに顔を合わせる。どんなに年をとっても、悪ガキ時代からの絆や習性は変わらない。お楽しみはもちろん独身最後のバカ騒ぎ、バチェラー・パーティーだ。カジノで大勝ちし、ビキニ・コンテストに審査員として参加し、1本1800ドルのボトルを開ける。まさに人生最高のゴージャスな夜。しかしパディだけは浮かぬ顔で、ビリーとの間に生じた亀裂にこだわっている。実は彼らの間には58年前から続く、決して埋めることのできない溝が横たわっていたのだ


引用元:Amazon|ラストベガス

マイケル・ダグラス、ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クライン。
名前を聞いただけでめまいがする面々です。
はっきり言ってこの映画、そのラインナップだけ見れば史上最強の布陣です。
これにダスティン・ホフマンやチベット・ウィグル発言でハリウッドから干されたリチャード・ギアあたりが加われば、一体どうなることやら。
ところがこの映画、その名前の大きさとは裏腹に内容はいたってB級コメディです。
ただしB級コメディといっても、このようなレジェンド・クラスの名優たちが、全力投球でB級をやったらどうなるのでしょう。
今までギャングやらベトナム戦争帰りやら精神病患者やらと深刻な役ばかりやってきた彼らにとって、その鬱憤を思う存分に晴らすことのできたドンチャン騒ぎ映画だったのではないでしょうか。
出演者だけでメチャクチャ金がかかっていますが、これだけ金をかけるならもう少しマシな映画を、とも言いたくもなるのですが、まあ、本人たちが楽しんでいるのだからそれでいいのではと。
ちなみに、この映画のように出演料の無駄遣い映画というのは、『ジーサンズ』(それなりに面白かったですが)や『キャノンボール』あたりがそれになるのでしょうか。
こういうのって、出演者が無駄に演技が上手いもんだから、見ているこちら側もそのユーモアの世界に引きずり込まれてしまいます。
まあ、最近の次から次へと世に出て来る新スターで、やや影に追いやられ気味な往年の名優たちですが、オジサンたちも元気でやっているぜ、ってな感じで、ちょっと安心させてくれる映画でありました。

tag : コメディ映画 マイケル・ダグラス ロバート・デ・ニーロ モーガン・フリーマン ケヴィン・クライン

2019-04-13 19:56 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】リベンジ・マッチ(2013年:アメリカ)


監督  ピーター・シーガル
脚本  ダグ・エリン
    ティム・ケルハー
    ロドニー・ロスマン
出演  ロバート・デ・ニーロ
    シルベスター・スタローン 他

<<<『リベンジ・マッチ』のあらすじ>>>

1980年代初頭のピッツバーグ。お互いにすさまじい対抗心をむき出しにし、チャンピオンを目指して連戦連勝を重ねてきたボクサーのヘンリー・“レイザー”・シャープ(シルヴェスター・スタローン)とビリー・“ザ・キッド”・マクドネン(ロバート・デ・ニーロ)。ついに決勝戦を迎えることになった二人だが、試合前夜にヘンリーが突然の引退を表明してしまう。多くの謎を残した上に、決着もつかないまま30年が経過。プロモーターのダンテ・スレートJr.は、彼らに再びリングに上がって雌雄を決するファイナルマッチをオファーする。


引用元:Yahoo!映画|リベンジ・マッチ

ロッキー』シリーズと『レイジングブル』。
往年のボクシング映画の名作に主演した2人が、老体さらけ出して再びボクシング映画に。
何かのご冗談でしょう、と思ったらマジだった、といったような映画です。
『レイジングブル』の方は見ていないのですが、この映画では『ロッキー』シリーズを見たものとしては、思わずニンマリしてしまうシーンも所々にちりばめられています。
誰もが一度はマネしたいと思ったことがある生卵の一気飲みや、精肉店でのスパーリング。
生卵の一気飲みではトレーナーから「吐くなよ。最後まで全部飲め」と注意されたり、精肉店でのスパーリングでは「不衛生だからやめろ」と注意されたりと、ちょっと笑えます。
この映画の子のシーンを見る限りでは、当時の生卵の一気飲みシーンは、スタローンにとっては相当きつかったんじゃないかと思われます。
さらに『ロッキー』シリーズや『レイジングブル』の画像を使い回しして、「両選手の現役時代はこんな感じでした」と思わせる演出もなかなかユニーク。
映画の評価は全体的に低いようですが、それもそのはず。
この映画は肩を貼らずに楽しむのが一番。
とくにこの2人の全盛期を知っている世代にとっては、まさに、パロディ・コントを見るような感覚で見たほうがいいかも。
そのため、ちょっと若い人にはあまりお勧めできない映画です。

ちなみにDVDの吹き替え版では、スタローンの担当を往年のささきいさおさんが担当されています。
実はスタローンもデ・ニーロも羽佐間道夫さんが担当されていたこともありました。
どうせパロディ映画なら吹き替え版もダブル羽佐間で聞きたかった…。
となってくれば、かなりややこしいですね。

tag : コメディ映画 ロバート・デ・ニーロ シルベスター・スタローン ボクシング

2019-01-31 19:58 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】マイ・インターン(2015年:アメリカ)


監督・脚本  ナンシー・マイヤーズ
出演     ロバート・デ・ニーロ
       アン・ハサウェイ 他

<<<『マイ・インターン』のあらすじ>>>

ニューヨークでファッション通販サイトを運営している女社長のジュールズは、短期間で会社を拡大させることに成功し公私ともに順調な毎日を送っていた。そんな彼女の会社にシニア・インターン制度で採用された70歳の老人ベンがやってくる。若者ばかりの社内で当然浮いた存在になってしまうベンだったが、いつしか彼はその誠実で穏やかな人柄によって社内の人気者になっていくのだった。

一方その頃、ジュールズには公私ともに大きな問題が立ちはだかっていた。双方において大きな決断を迫られた彼女は、誰にも自身の気持ちを打ち明けることができず苦しい日々を送っていたが、そんな彼女を救ったのは他でもないベンだった。ベンの温かな励ましを受けていくうちに、いつしかジュールズも彼に心を開くようになっていく。ベンの言葉から勇気をもらったジュールズは、目の前に立ちはだかる数々の難問に立ち向かっていく決意をする。


引用元:Wikipedia|マイ・インターン

主人公の女社長・ジュールズが、誤って母親に見られてはいけないメールを送ってしまった。
どうしよう。
そのとき、直属の部下であるベンは下っ端の男性社員を引き連れて、母親宅に忍び込み、パソコンからメールを削除する。
「人んちに忍び込んぶなんて、俺たちまるで『オーシャンズ11』みたいだな」
と、ある下っ端が言うと、
「よし、お前はジョージ・クルーニーだ、お前はブラッド・ピットだ、お前はマット・デイモンだ」
と、それぞれの役割をロバート・デ・ニーロ扮するベンが決める。
とある酒場で女社長・ジュールズが、「私たち女性はオプラ(・ウィンフリー)に勇気づけられたけど、男はジャック・ニコルソンハリソン・フォード以来、ろくなのが出て来てないじゃないの!?」と、ロバート・デ・ニーロを前にして愚痴る。
いや、この映画はそんなパロディを楽しむ映画ではまったくありませんが、なぜかそのシーンが凄く印象に残っていました。
ロバート・デ・ニーロがこんなお茶目が映画で、こんなお茶目な役をやる。
その象徴的なシーンが、この2つのだったような気がします。

たしか2・3か月前にも『68歳の新入社員』という高畑充希草刈正雄主演のドラマをやっていましたが、もしかしたらそのドラマは、この映画からインスパイアされたのでしょうか。
私はそのドラマを見ていないので何とも言えないのですが、やはり若さだけで突っ走ってしまう取締役には、こういう年配のサポートが必要ということでしょうか。
そういえば10年ほど前、近鉄バッファローズを買収しようとしたベンチャー企業の若手社長(当時)さんが逮捕されたことがありましたけれど、彼にもし、ベン(ロバート・デ・ニーロ)のようなパートナーがいれば、証券取引法違反などというアホなことは起こさなかったかもしれません。
でもその若手社長さんのような人は、「年配」というのをすごく毛嫌いしていそうだし。
私などは、その若手社長にもしベンがいたら、などといった、ちょっとパラレルワールドのような感覚で見てしまいました。

tag : 人間ドラマ コメディ映画 ロバート・デ・ニーロ アン・ハサウェイ

2018-12-05 19:46 : 雑記 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】RONIN(1998年:アメリカ)


監督  ジョン・フランケンハイマー
脚本  J・D・ザイク
    リチャード・ウェイズ
出演  ロバート・デ・ニーロ
    ジャン・レノ

<<『RONIN』のあらすじ>>

各国の諜報機関をリストラされた5人の元スパイが、パリに集められた。雇い主も目的も謎のまま、ニースのホテルにいるターゲットから銀色のケースを盗み出すのが、彼らの仕事だ。武器調達の局面で思わぬ襲撃にあうなどアクシデントに見舞われながら、なんとかニースまで駒を進めた男たち。しかし、チームのひとりに裏切り者が出現し、盗み出したケースは行方不明になる。これを取り戻すべく、アメリカ人のサムと、フランス人のビンセントは、結託して動き出すが……。


引用元:Yahoo!映画|RONIN

『RONIN』とは呼んで時の如く、日本の時代劇などによく出てくる「浪人」のことを指しています。
米ソ冷戦時代、CIAやKGBといった職業は一種の花形で、政府に仕えて裏でスパイや工作活動に身を投じていました。
ところが、冷戦終結と同時にその存在価値を失われた工作員らはその存在価値を失われるや、半ばプー太郎のようになってしまったようです。
『RONIN(浪人)』とはまさに、政府という雇い主を失った彼らの姿そのものだったようです。



ロバート・デ・ニーロとジャン・レノという、まさに米仏の2大いぶし銀が共演するという、ファンにとってはそれだけでたまらない作品ではないでしょうか。
確か前にも、この2人は共演していたようなのですが、詳しいことはわかりません。
映画の内容は、旧ソ連とアイルランドの裏組織という一癖も二癖もありそうな連中が、1つのアタッシュケースを奪い合うという、いたってシンプルな展開のアクション映画。
途中でホンノリとした男女の恋愛感情を覗かせながらも、劇中では2度のカーチェイスも展開するというサービス精神がすごいです。
しかもそのカーチェイスでは、観光ガイドブックにでも出てきそうな、フランスの小通りなどを車でブッ飛ばすのですから、フランス政府もよく許可を出したなと感心してしまいます。
物語の構成がシンプルなだけに、ちょっと不満を持つ人もいるようですが、私はこういうのは嫌いじゃないです。
2人のスターとの渋い演技とアクションシーン。
これだけでも、見る価値はあると思いませんか?



↓この曲にソックリなBGMが流れるのですが、気のせいかな。

tag : アクション映画 ロバート・デ・ニーロ ジャン・レノ

2018-11-07 19:44 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

かんた

Author:かんた
軽度の発達障害。
それに伴い中度の社会不安障害を誘発した模様。

検索フォーム

タグランキング 50

メール

gadget10.png

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR