FC2ブログ

【映画レビュー】ゴールデンボーイ(1998年:アメリカ)


原作  スティーヴン・キング
監督  ブライアン・シンガー
脚本  ブランドン・ボイス
出演  ブランドン・ボイス
    イアン・マッケラン

<<<『ゴールデンボーイ』のあらすじ>>>

ロサンゼルスの高校に通うトッドは16歳、成績も良く、評判の良い生徒であった。ある時、トッドは学校でホロコーストについて学び、興味をそそられて第二次世界大戦や強制収容所に関する本を読むようになる。もっとも、彼の興味はもっぱら内心のサディスティックな衝動に基づくものであった。

そんなある日、トッドはバスの中で、どことなく見覚えのある老人を見かけ、その老人の家まで後をつけた。家のドアには"アーサー・デンカー"という表札があったが、トッドはその老人がクルト・ドゥサンダー - ある強制収容所の司令官 - であることに気がつく。

デンカーの家を訪れたトッドは、彼を脅迫し、事実を公表しない代わりに、ナチス高官のコスプレをさせ、収容所時代の詳細な話をするように要求する。思い出話で収容所時代を思い出したデンカー、話を聞くトッドは共に暴力の衝動に引きつけられていく。


引用元(ネタバレあり):Wikipedia|ゴールデンボーイ


※)ネタバレ注意

続きを読む

スポンサーサイト

tag : ホラー映画 スティーヴン・キング

2019-02-11 19:47 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】トランス・ワールド(2011年:アメリカ)


監督  ジャック・ヘラー
脚本  ショーン・クリステンセン
出演  サラ・パクストン
    スコット・イーストウッド
    キャサリン・ウォーターストン 他

<<<『トランス・ワールド』のあらすじ>>>

とある森の奥深く。夫とドライブ中にガス欠に陥り、ガソリンを買いに行ったまま戻ってこない夫を探していたサマンサは、1軒のキャビンにたどり着く。するとそこに、同じように車のトラブルに見舞われた青年トムが出現。さらに、今度はジョディという女がやって来る。ジョディは恋人と強盗をしてきたばかりで、なぜキャビンにたどり着いたのかわからないという。3人は助けを求めに森を出ようとするが、…


引用元(ネタバレあり):映画.com|トランス・ワールド

続きを読む

tag : ホラー映画 クリント・イーストウッド

2019-01-27 19:58 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】IT/"それ"が見えたら、終わり。(2017年:アメリカ)


原作  スティーヴン・キング
監督  アンディ・ムスキエティ
脚本  ゲイリー・ドーベルマン
    キャリー・フクナガ
    チェイス・パーマー
出演  ビル・スカルスガルド
    ジェイデン・リーバハー 他

<<<『IT/"それ"が見えたら終わり。のあらすじ』>>>

1988年から物語は始まる。立て続けに起こる行方不明事件の最中、雨の日にビルの弟であるジョージーが行方不明となる。

夏休みに入る頃、ルーザーズクラブのビル、リッチー、スタンリー、エディ、そしてバワーズらに暴行を受けて逃げてきた際に出会ったベン、薬局にて出会ったベバリー、バワーズらに暴行を受けているところでビルたちに助けて貰ったマイクと共に連続行方不明事件の謎を探ることとなる。

それぞれ悩みを背負った少年少女たちが恐怖に立ち向かう姿を描く。


引用元:Wikipedia|IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

続きを読む

tag : ホラー映画 スティーヴン・キング

2018-11-23 19:43 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】ザ・ギフト(2015年:アメリカ)


監督&脚本  ジョエル・エドガートン
出演     ジェイソン・ベイトマン
       レベッカ・ホール
       ジョエル・エドガートン 他

<<<『ザ・ギフト』のあらすじ>>>

転居先で幸せな生活を送っている夫婦サイモン(ジェイソン・ベイトマン)とロビン(レベッカ・ホール)の前に、サイモンの高校時代の同級生だというゴード(ジョエル・エドガートン)が現れる。再会を祝いゴードは1本のワインをプレゼントし、その後もたびたび二人を訪ねては贈り物をし続ける。次第にその内容がエスカレートしていき、二人が違和感を抱くようになると、周囲で異変が生じ……。


引用元:Yahoo!映画|ザ・ギフト


※)ネタバレ注意

続きを読む

tag : ホラー映画

2018-11-19 19:59 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】ライフ(2017年:アメリカ)


監督  ダニエル・エスピノーサ
脚本  レット・リース
    ポール・ワーニック
出演  ジェイク・ジレンホール
    レベッカ・ファーガソン

世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結し、火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。まさに神秘としかいいようのない地球外生命体の生態に驚がくする彼らだったが、細胞は次第に進化と成長を遂げ高い知能を誇るようになる。やがて地球外生命体に翻弄(ほんろう)され、宇宙飛行士たちの関係が揺らぎ始め、ついには命を落とす者も出る。助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは……。


引用元:Yahoo!映画|ライフ


※)ネタバレ注意

続きを読む

tag : SF ホラー映画

2018-11-05 20:11 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

かんた

Author:かんた
軽度の発達障害。
それに伴い中度の社会不安障害を誘発した模様。

タグランキング 50

メール

gadget10.png

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR