FC2ブログ

【映画レビュー】RONIN(1998年:アメリカ)


監督  ジョン・フランケンハイマー
脚本  J・D・ザイク
    リチャード・ウェイズ
出演  ロバート・デ・ニーロ
    ジャン・レノ

<<『RONIN』のあらすじ>>

各国の諜報機関をリストラされた5人の元スパイが、パリに集められた。雇い主も目的も謎のまま、ニースのホテルにいるターゲットから銀色のケースを盗み出すのが、彼らの仕事だ。武器調達の局面で思わぬ襲撃にあうなどアクシデントに見舞われながら、なんとかニースまで駒を進めた男たち。しかし、チームのひとりに裏切り者が出現し、盗み出したケースは行方不明になる。これを取り戻すべく、アメリカ人のサムと、フランス人のビンセントは、結託して動き出すが……。


引用元:Yahoo!映画|RONIN

『RONIN』とは呼んで時の如く、日本の時代劇などによく出てくる「浪人」のことを指しています。
米ソ冷戦時代、CIAやKGBといった職業は一種の花形で、政府に仕えて裏でスパイや工作活動に身を投じていました。
ところが、冷戦終結と同時にその存在価値を失われた工作員らはその存在価値を失われるや、半ばプー太郎のようになってしまったようです。
『RONIN(浪人)』とはまさに、政府という雇い主を失った彼らの姿そのものだったようです。



ロバート・デ・ニーロとジャン・レノという、まさに米仏の2大いぶし銀が共演するという、ファンにとってはそれだけでたまらない作品ではないでしょうか。
確か前にも、この2人は共演していたようなのですが、詳しいことはわかりません。
映画の内容は、旧ソ連とアイルランドの裏組織という一癖も二癖もありそうな連中が、1つのアタッシュケースを奪い合うという、いたってシンプルな展開のアクション映画。
途中でホンノリとした男女の恋愛感情を覗かせながらも、劇中では2度のカーチェイスも展開するというサービス精神がすごいです。
しかもそのカーチェイスでは、観光ガイドブックにでも出てきそうな、フランスの小通りなどを車でブッ飛ばすのですから、フランス政府もよく許可を出したなと感心してしまいます。
物語の構成がシンプルなだけに、ちょっと不満を持つ人もいるようですが、私はこういうのは嫌いじゃないです。
2人のスターとの渋い演技とアクションシーン。
これだけでも、見る価値はあると思いませんか?



↓この曲にソックリなBGMが流れるのですが、気のせいかな。

スポンサーサイト

tag : アクション映画 ロバート・デ・ニーロ ジャン・レノ

2018-11-07 19:44 : 映画レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

【映画レビュー】ラスト・クライム 華麗なる復讐(2017年:フランス)


ラスト・クライム 華麗なる復讐 [DVD]


『レオン』から23年。
ジャン・レノといえばいまだにこれをイメージする人も少なくないと思いますが、この『ラスト・クライム 華麗なる復讐』のDVDパッケージもなんだかそれを意識しているかのようです。
しかし、その内容はと言いますと『レオン』とはほど遠いサスペンス・コメディ。
もし『レオン』との共通点があるとすれば、ジャン・レノが女性と絡む、ということぐらいでしょうか。

<<『ラスト・クライム 華麗なる復讐』のあらすじ>>

一流の泥棒パトリックは15億円のバイオリンを盗むことに成功するが仲間のロマンに裏切られ、バイオリンを横取りされた上に命まで狙われてしまう。一方、パトリックの娘である異母姉妹キャロラインとキャロルは、弁護士から父が亡くなったとの報せを受け、そこで初めて互いの存在を知る。キャロラインとキャロルはパトリックの遺産を相続するためジュネーブの山小屋へ向かうが、そこで2人を待ち受けていたのは、なんと死んだはずのパトリックだった。パトリックはロマンがバイオリンを売って手に入れる大金を奪うため、娘たちに協力を求める。


引用元:映画.com|ラスト・クライム 華麗なる復讐


キャロルとキャロライン、2人の異母姉妹の性格やライフスタイルはまったくの真逆。
片やハッキングの名人というパソコンオタクで、男性ともほとんど無縁。
片や恵まれた美貌とナイスバディを武器に、男性から色仕掛けで現金をだまし取る。
そんな異母姉妹は、ほとんど実の父親を信用していない。
このような3人ですから、その流れはほとんどトリオ漫才。
しかも名前がキャロルにキャロラインですからなおさらです。
こんなトリオ漫才のような3人が、復讐のため現金を盗み出そうというのですから、そのドタバタぶりはもはや最高潮に達していきます。
しかし、この映画の面白いところは、そんなドタバタぶりが絶好調であっても、プロットの本線だけはしっかりと踏み外していないというところです。
この手のドタバタものは好き嫌いが分かれそうですが、私からすれば「よく頑張ってくれた」という努力賞物でしょうか。

ちなみにこの映画の原題は『Mes trésors 』というらしいですが、そのフランス本国のポスターがこちらになります。
う~ん、『レオン』色を強く打ち出した日本のものとは全然違いますね。
これだったら、日本ではウケなさそう。
日本では、「あの『レオン』のジャン・レノ主演」がキャッチフレーズのようになっていましたが、フランスでは「親子関係」という主題を全面的に押し出していたようです。
ここらあたりも、日仏のこの映画のとらえ方の違いがあって面白いです。


tag : コメディ映画 ジャン・レノ

2018-08-22 20:02 : 映画レビュー : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

かんた

Author:かんた
軽度の発達障害。
それに伴い中度の社会不安障害を誘発した模様。

検索フォーム

タグランキング 50

メール

gadget10.png

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR