ワケありオヤジの独り言

   【映画レビュー】ウォリアーズ(1979年:アメリカ)

  • カテゴリー+タグ:映画レビュー 映画 アクション
  • ウォリアーズ [DVD]


    <<『ウォリアーズ』のあらすじ>>

    夏の夜、ブロンクス公園にニューヨーク各地からストリートギャングたちが集結。彼らは休戦協定を結んでいたが、その頂点に立つサイラスが何者かによって射殺されたことで事態は一変する。サイラス殺害の罪を着せられたウォリアーズのメンバーは、グラマシー・リフス、ベースボール・フューリーズといったギャングから命を狙われながらも、自分たちのシマであるコニーアイランドを目指し、決死の逃亡を試みる……。



    引用元:映画.com|ウォリアーズ


    ウォルター・ヒル監督の名作『ストリート・オブ・ファイヤー』の原点的な作品です。
    この映画は、水野晴朗さんの解説でおなじみの『金曜ロードショー』で放映されていたものを、VHSで録画して何度も見た作品です。
    初めて見た時には、「この映画、どこが面白いんだ」と思ったものですが、ある日、ヒマつぶしのためにもう一度見てみたら、意外や意外、これがなかなか面白かったわけであります。
    殺人の濡れ衣を着せられたギャング集団・ウォリアーズが、夜のニューヨークの街を舞台に繰り広げる逃亡劇。
    その、追われるものの緊迫感と、夜の背景を効果的に使った異様な雰囲気が見事にマッチしていて、見るものをぐいぐいと惹きつけます。
    そして、そんな静寂を切り裂くように、突如として現れる決闘シーンは、後の『ストリート・オブ・ファイヤー』への布石でしょうか。

    この映画で味を出しているわき役は2人。
    ウォリアーズらの命を狙うローグスのリーダー、ルーサー役のデヴィッド・パトリック・ケリー。
    超個性的な敵役を演じた彼は、この役が認められ、後にいろいろな映画に出演しています。
    中でも有名なのが、シュワちゃん主演の映画『コマンド―』のサリー役。
    そう、「最後に殺す」とメイトリクスにハッタリかまされて、崖から落とされた人ですね。
    さらに、ウォリアーズのリーダーに半ばストーカーまがいに付き纏う娼婦、マーシー役にはデボラ・ヴァン・フォルケンバーグ。
    この人は後に『ストリート・オブ・ファイヤー』でも、主人公のお姉さん役で出演。
    本作品の汚れ役とは打って変わって、梨花似の美女となっております。
    さらに準主役のジェームズ・レマーは、そののち、同じくウォルター・ヒル監督の『48時間』に犯人役として出演。
    同じウォルター・ヒル関連ということで、『ウォリアーズ』のギャングが更生することなく、そのまま『48時間』では、凶悪犯になっちゃった、なんて変な妄想に駆り立てられます。
    こうやってみると、この映画、地味ながらもなかなか個性的なキャラクターが物語を彩っている作品です。


    ↓エンディングでは、この曲が印象的に流れます。イーグルスの曲だったんですね。

    >>コメント(0)
    スポンサーサイト

       【映画レビュー】ブレイブハート(1995年:アメリカ)

  • カテゴリー+タグ:映画レビュー 映画 歴史 アクション
  • ブレイブハート(2枚組) [Blu-ray]
    20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2009-11-27)
    売り上げランキング: 46,634


    この作品はアカデミー賞の作品賞を始め4部門を受賞した作品です。
    この作品とは直接関係ないのですが、ある映画通の知人がいうには、アメリカというのは独立以前はイギリスの支配下にあったため、反英的な映画がアカデミー賞と取りやすいのだとか。
    別の映画通の知人のその話をしたら、
    「そんなわけあるか」
    と一蹴。
    どっちが正しいのかよくわかりませんが、とりあえずこの映画は、やや反英的な映画でありながらもアカデミー賞を取るだけのことはあって、ぐいぐいと人を引き付けていく映画であることは間違いありません。

    <<『ブレイブハート』あらすじ>>

    13世紀末のスコットランド、残虐で冷酷なイングランド王エドワード1世の侵略によって家族を殺害されるも、難を逃れたウィリアム・ウォレス。成人して彼は故郷に戻り、そこで幼なじみのミューロンと恋に落ち、結婚する。しかし彼女はイングランド兵の手によって殺害される。ウォレスは復讐を決意、圧政に苦しむスコットランドの民衆の支持もあり、抵抗運動は熱を帯びていく。


    Wikipedia|ブレイブハート


    主演のウィリアム・ウォレス役には『マッドマックス』シリーズでおなじみのメル・ギブソン。
    そして彼に恋い焦がれるイザベラ皇太子妃役には、80年代、日本で最も人気のあったフランス人女優ソフィー・マルソー。
    この2人が出演するとあらば、往年の映画ファンなら見ないわけにはいかないでしょう。

    ところで、「あらすじ」を読んでもらえればおわかりだと思いますが、主人公のウィリアム・ウォレスは実在する人物で、スコットランドでは英雄的な存在です。
    そんな英雄像を描くのであれば、メル・ギブソンでは少々むさくるしさが目立ったような気がしました。
    美少年とまではいかないものの、もうすこし気品がほしかったなと思ったりもするのですが、ウォレス自身が農家出身ということですから、これも仕方がないのでしょうか。
    その一方で、皇太子妃役のソフィー・マルソーは相変わらずお美しい。
    彼女の出番こそ少ないものの、要所要所での存在感を放っています。
    実を言いますと、彼女が出演した映画を見るのは今回が初めてで、学生時代は映画雑誌などのグラビアでよく彼女を見かけていたぐらいでした。

    さてこの映画、物語の舞台が中世というだけあって、そのシーンの大部分が戦闘シーンです。
    それも、名もなき農民たちが自由と独立を求めて戦い血を流していく。
    今のご時世じゃ考えられない展開です。
    しかし、中世のヨーロッパではこんなことは当たり前だったのかもしれません。
    そんな展開の物語ですから、極度の戦争アレルギーの方は見ない方がいいかもしれません。
    きっとその戦闘描写や、その戦闘意欲を煽るようなウォレスのスピーチなどにゲンナリされるやもしれません。


    ↓こちらが主題歌です。こういうケルト音楽は私も大好きです。

    >>コメント(0)

       【映画レビュー】21ジャンプストリート(2012年:アメリカ)

  • カテゴリー+タグ:映画レビュー 映画 アクション コメディ
  • 21ジャンプストリート [DVD]
    ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2013-03-06)
    売り上げランキング: 86,316




    何でもこの映画、同名のテレビシリーズの映画化で、しかもそのテレビシリーズというのがジョニー・デップの出世作なんだそうです。
    なるほど、実際に映画を見れば、デップはこういうの似合いそうです。



    <<あらすじ>>

    犯罪特別操作課に配属されたジェンコとシュミットは、青年犯罪を撲滅するため高校での潜入捜査を開始するが、あまりの楽しさに高校生活をエンジョイしてしまう。だが彼らはそこで、高校にはびこる凶悪犯罪を目の当たりにし…。


    引用元:Yahoo!映画|21ジャンプストリート


    このコンビ、実は高校時代の同級生で、両者はまったく別の青春時代を送っていました。
    片方はリア充を絵にかいたようなモテ男、もう片方はオタクで非モテの非リア充(ただし成績は優秀)。
    この2人は警察学校で偶然出会って意気投合、就いた職場で潜入捜査に乗り出すのでありました。
    さて、潜入捜査といえば、オールド・ファンにとっては『マイアミバイス』を思い出される方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらの方はというと、見ての通りの、おバカで下品でハチャメチャで、もうアメリカのコメディ映画の王道を言っているような内容です。
    同じ潜入捜査をテーマにした作品でも、その傾向はまったくの真逆であります。
    ひょっとしたら日本人の感性からすると、好き嫌いがはっきり分かれそうな映画かもしれません。
    とくに、ある一定の年齢を超えると、この映画のスピード感とユーモアのセンスについて行けないかもしれません。
    私も少し、ついて行けませんでした。
    どうやらこの映画、家族そろって楽しめる映画、という訳にはいかないようです。
    見るときは、ひとり部屋に籠ってゲラゲラと笑い転げる、という鑑賞法の方が良いかも。


    ↓テーマ曲がコレですから、内容も大体わかりますよね。



    ↓とりあえず貼っときます。

    >>コメント(0)

       【映画レビュー】エクスタミネーター HDリマスター版(1980年:アメリカ)

  • カテゴリー+タグ:映画レビュー 映画 アクション バイオレンス
  • エクスタミネーター HDリマスター版 [DVD]
    Happinet(SB)(D) (2012-04-03)
    売り上げランキング: 97,939



    先日、『狼たちの処刑台』(マイケル・ケイン主演)を見ていたら、急にこの映画のことを思い出してしまいました。
    内容的には、ほとんど同傾向の作品、いわゆる復讐バイオレンスの佳作です。
    しかも両作品とも、主人公は兵隊上がりで無二の親友がチンピラに殺されるという内容です。
    ただ、この『エクスタミネーター』の場合は、単なる復讐劇に止まらず、次から次へと悪党どもを殺していくという、まさに「現代版・必殺仕事人」みたいになってしまっています。
    さらに、その殺し方がけっこうエグい。
    街のチンピラをネズミのエサにしたり、マフィアのボスを人間ミンチにしたり、男色専門の売春宿の主人をガソリンで丸焼きにしたり。
    こういうバイオレンス物が好きな人には十分に楽しめるとは思うのですが、ただ残念なのは、デジタルリマスター版の吹き替えが、『ゴールデン洋画劇場』のやつをそのまま使っているところですかね。
    そうです、主演のロバート・キンディの役を野球解説者の江本孟紀がやっているんです。
    確かに顔は何となく似ていますけれど、セリフは少々棒読み。
    これではアクション映画独特の緊迫感が、あまり感じられません。
    「映画は字幕に限る」という人にとっては、それほど問題は無いと思うのですが。
    ちなみに私が初めてこの映画を見たとき、最も印象に残っているのが、最初のベトナム戦争の回想シーン。
    アメリカの兵隊さんがベトナム人兵隊に首を撥ねられるシーンです。
    あまりの切れ味のよさに、「人間の首って、こんなに簡単に切れるんだ」と、ちょっと感心してしまいました。
    それでいて、ちょっと残酷。
    それがまた、この映画の後の展開を暗示させるものであります。


    どうやら、こちらが主題歌のようです。

    >>コメント(0)